2007年08月29日

第33話(SRW D ギシン星ルート) 卑劣な皇帝ズール

先日Mixiで「ゴッドマーズの敵メカ・バキュームに乗ってる女(バレンと
いいます)のバキュームフェラ絵を描けや(゚Д゚)ゴルァ!!」とのお話
が出ていたので、ここのところ心身ともに調子が出ていない
リハビリにと、なるべく短時間で描くよう心掛けてやってみました。

ひょっとこ顔は描いてて愉しいんですが、コレは普通の顔も
描いてギャップを愉しめる様にした方が効果的ですね。

修正対策も講じてみましたが亀頭が描けないのは面白くないなぁ…。
Barren.jpg

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月28日

第34話(X) 月が見えた!

夏コミの際に会場ではやかわさんから譲ってもらった文庫版
「ザ・ムーン@A」を読了。

いいですねムーン。面白いキャラしか出てこない(笑)。
ムーンの操作資格者の9人の子供たちの中ではシャカイが
カッコいいですね。

だがやはりインパクトの強さでは魔魔男爵と糞虫が凄いです。

魔魔「糞虫! 糞虫はおらんか!?」
糞虫「男爵さま、およびでございますか!?」
魔魔「おまえはなにだ、うん?なんだ!?」
糞虫「はーっ、糞でございます
魔魔「そうじゃ、糞じゃ。おまえは糞じゃぞ!!」
糞虫「はっ、この世で一番きたないもの、それはわたくしめに
    ございます」
魔魔「そうかそうか」

なにこの腐女子が喰い付きそうな主従関係

文庫版だと全4巻なのですが、4巻のみ先日発見。
3巻を入手出来た暁に一気に読もうと思います。
ケンネル星人ってどんなデザインだったかもうウロ覚えだなぁ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第1話(X) 月は出ているか?

今日は6年半ぶりに皆既月食が訪れる日なのですよ。

己ン家からだと19時半過ぎがベストな時間帯だそうな。
天気もいいしさぞかし見応えがあるかと。でも今、一度外に
様子を見に行きましたが月のあるべき位置に雲があって見えません
でしたorz

後でもう一度出てみますかね〜。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月27日

第25話(ドルバック) 恐怖!新たなる敵

遅ればせながら、機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)に
登場する量産型MSのHGキット化が決定し、嬉しい限り。
今のところティエレン基本型とユニフラだけで、AEUイナクトや
バリエーション機は未定ですが、ティエレンは好きに作ったり
塗ったりするのに最適な「素材」ではないでしょうか。
ユニット換装で用途を変更するコンセプトは従来のガンダム世界の
量産機よりもアーマードコアを彷彿とさせますね。

キャラホビで妙に完成度の高い参考出品モデルがあるなと思ったら、
ガンコレでソレスタル・ビーイングの母艦プトレマイオスの
発売が早くも決定していました。

そうそう、OOの量産機のデザインの雰囲気が何かに似てる気が…
という疑問に自分なりの解答が出ました。
先日プラモデルシリーズの再販が決定した「特装機兵ドルバック」の
バリアブルマシンに似てないかい?

ティエレン→キャリバー、ユニフラ→ガゼットってな感じ。
どうでしょ?

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月26日

第30話(仮面ライダー電王) 奥さん花火どう?

なにこの人妻浣腸AVみたいなサブタイ(飛躍し過ぎ)。

今電王を観てますが、侑斗はどんだけツンデレなんですか(笑)。
パロディなどに逃げずに、番組独自の設定でネタを振れるのが
電王のいいところのひとつなんですが、キャストはもちろん、
脚本、演技設計、スーツアクターの連携が上手くいっているなと
素人目にも分かるくらい愉しい回が多いですね。

クラマックスフォームはガンフォーム主体の攻撃が登場、
ゾルダのエンドオブワールドの縮小版みたいな感じでした。

しかしイマジンて風邪引くんですね(笑)。

続いてプリキュア5も観ますが、マイミクの裏好さんの日記の
内容から類推するに素足エロな話なようなので、愉しみデス。


(追記 8/27 0:11)
今プリキュア5視聴中です。

…作画が…。特にのぞみのチャリシーンの体格が酷すぎるorz
素足ネタはりんの胡坐でおっきしました。時代劇コスから変身の
バンクのトコもいいですね。かれんには火がついてなくてもいいから
煙管持たせて欲しかったです。

のぞみの「やれば出来る子」ぶりが良かったですね。
先生、優秀な子は大好きですよ(選民思想教師)?

次回はのぞみVSミルクのようですが、噂されていたミルク
人間態でも出るんでしょうか?あとアラクネア退場かも。
個人的にはガマオに真っ先に消えて欲しいんですが

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月25日

第3話(ひぐらし解) 厄醒し編 其の弐 無力

冬コミ用のサークルカットですが、前回のようにちんこ3本描いたり
すると間違いなく落とされそうなので無難にまとめる事にしました。

C73cutRs[.jpg

当初は猫娘で行こうと思った(「遊BOOK」に載ってたちょっとSD
風味のねこちゃんが射精するほどかわいいのだ)んですが、
うみねこ本編終了後に登場し、その驕慢にして優雅な物腰と、
竜騎士07氏のデザインされたキャラクターの中でも屈指の妖艶さに
すっかり惚れこんでしまった魔女ベアトリーチェに決定。

せめてもの抵抗で奇乳っぽく、乳首に至ってはまるで包茎ちんこに
見紛う感じに処理してみました。しかし…安西先生…フェラ絵が
描きたかったです
…。

seichousiteinai.jpg

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月24日

第四幕(舞乙 Zwei 最終話) つながるゆめ

「ホラ見ろやっぱりフォローし切れなかったじゃないか」
というのが正直な感想です。舞乙HiME Zwei最終話。

これから観る方もいらっしゃると思いますので、大きなネタバレは
しない方向ですがこれだけは。「舞HiMEの頃から好きだった
者にとって今作のアレはファンサービスにはなりえません」

それはさておき、最終話はとにかくインドですインド。
2007y08m24d_144354288.jpg
マテリアライズの動画はなかったですが、今作随一のエロい人でした。
2007y08m24d_144400507.jpg
なにかが浮いています。
2007y08m24d_144406455.jpg
とにかく露出度が高いマイスターローブです。
褐色肌と半目もツボなのです。
2007y08m24d_144709829.jpg
手ぇ抜き過ぎ(笑)。彼女らしいっちゃらしいですが。

特典のニナの新ローブフィギュアはちょっと顔が似てないです。
せっかくストレートにしていた髪をまたキャンディの包み紙
みたいなスタイルに戻したのが残念。秋のシムズの箱フィギュア
第2弾のシクレはマシロの悪寒。組み合わせ的に。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月23日

第2話(MS IGLOO(秘)) 遠吠えは落日に染まった

先日、エロゲンガーの方がわいせつ図画頒布の嫌疑で逮捕
されてしまったという、なにやらきな臭い出来事がありましたが、
その背景についてはまだ不明な点が多く、今後どのような展開に
なるか注視すべき事件だと思います。

私見ですが、凶悪犯の検挙率が下がっていく一方で、どんな難癖を
付けてでもノルマを果たそう
としているのか?と勘繰ってしまいます。
警察は身内のストーカーの女性殺害とか、強姦事件の誤認逮捕を
未然に防いでから
こういうのに手を付けてくださいね。

さて、話題は変わりますが、先日の夏遠征の際に相方のつくね
博士くんからプライズ「究極変形モビルスーツ・ザク」を頂きました。
ものっそいバカ変形です。しかも変形プロセスが複雑で取説
首っ引きでも「ザク→マゼラ」は初回かなり時間がかかりました
(逆は簡単なんですが)。とかとかで詳細を載せていたのでURLをば。

※頭にhtを付けてジャンプして下さいね。
 tp://pony-hp3.web.infoseek.co.jp/ZAKU_HEN.htm

「ジャンプ!(ハネマン)」といえば(?)、部屋を整理していたら
伝説のバカ麻雀劇画「Mr.ダンディー」の切り抜きが出てきました。
それも第3話だけ…。

「美の追求 限界(リミット)まで!!」←表紙のアオリ文句

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月22日

第7話(魔王ダンテ) 邂逅

今回の日記タイトルはタイトル名よりも引用元の方をヒネってみました。

「うみねこのく頃に」第1話読了。
昨日の日記でも描きましたが、感情移入出来る登場人物がいない
物語を読むのはなかなかにしんどく、本編が終わってもボンクラな
己には今ひとつピンと来るものが無かったのですが…。
またもや真骨頂はそこからでした。

今作も前作ひぐらし同様に相当意地の悪い仕掛けがされています。
そして恐らくうみねこもまたこのディスクに収められた(作中の
ルールに当て嵌めるならば)棋譜だけでは終局までは見通せず、
「このディスク内で与えられた情報で導き出せる解」を探すのが
正解ではないか、と思います。

ただし、あえて「ひぐらし鬼隠し編で犯した過ちの轍を踏ませない」
ように作者・竜騎士07氏に誘導されている可能性も捨てられず、
またその疑心暗鬼そのものを逆手に取られている恐れもある
という、昨日も書いたけど己踊らされ過ぎ

なんにせよ、オフィシャルで煙管を愛用するキャラがいる
のはいい事です。うん、結局そこか。

ネタバレOKな方だけドゾ-

あ、そうそう。お茶会一回観ただけじゃ終わらんよコレ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月21日

第98話(うる星やつら) そして誰もいなくなったっちゃ!?

夏コミ、ではなくその後に寄ったとらのあなにて入手した
「うみねこのく頃に」をプレイし始めました。

まだ途中までしか進めていませんが、前作「ひぐらしのく頃に」の
イメージは取り払って読むのが良いようです。それでもちょっと、
いやかなり取っ付きにくい印象ですが…。個人的には感情移入の
出来るキャラクターが一人も居ない物語は読み辛いです。
ただし、始めから人間のイヤらしさや暗部を明け透けに描くのは嫌いじゃ
ないし、ひぐらし体験者からするとやや特殊なキャラクター設定
・デザインにも意味があると思い込ませる、もしくはそれを
逆手に取ったフェイクなのかと疑心暗鬼にさせる辺り、どんだけ
作者の竜騎士07氏に踊らされるんだと自身に呆れもします。
恐らくラストまで読んでもしばらく頭を悩ませるコトになりそう。

性的な面ではババァキャラが多くて(・∀・)イイ!!です(笑)。
自分の絵柄に落とし込んでみるのが愉しそうです。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記