2007年07月09日

第18話(新造人間キャシャーン) 巨象対アンドロ軍団

以前「ロリコンを取り入れた(ラーナ少尉)キャラを描く為には
内山亜紀先生の『あんどろトリオ』を今更にして読まねばなるまい」
などと、「恐怖を克服し夢想転生を会得するために、最愛の女性を
手にかけて哀しみを背負おうとした世紀末覇者」並に回りくどくて
不器用な手段しか思いつかない、そんな私ですが、今日は暑いですね。

先日オクで落とした「あんどろトリオ 全4巻」が届きました。
全く話を覚えていなかったので、とりあえず一通り読みました。
…これ無理です。参考に出来ません。

全編オムツとかオモラシとかばっかりじゃねぇか!

記憶にほとんど残っていなかったとはいえ、ここまで過激な
内容だったとは思いませんでした。個人的に「やるっきゃ騎士」
なぞ目じゃねぇって感じです。サガットVSザンギくらい。

まぁしかし、折角入手したモノですし、なんとか活かせる
よう検討してみます。アソコに「LOVE」って書くとか、擬音
として「…MUN…MUN…」を採用するとかね。
79.jpg

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月08日

第42話(バイファム) パパ!一瞬の再会

尼損のセールで62%OFFまで下がった(笑)CMsの「FAM-RV-S1T
トゥランファム(宮沢模型限定版)
」が到着。Mixi日記で愚直屋さんが
「パームアクションのナイキックが遂に届いてしまったorz」と
お嘆きでしたが、己も泣いていいですか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

TVシリーズ第42話に登場する迷彩塗装の施された限定
バージョンなのですが、実物は更にボディカラーの3色の
コントラストがキツく、塗装もキレイとは言い難い…
いや、汚いです。なんか腐ったイモみたい…。

以前ノーマルカラー版は半額くらいで売っていて、そちらも
欲しかったんですが、通販だと機体ナンバーが選べないので
スルーしていました。塗装はノーマルだと幾分マシですね。

パッケージから見える本体を見ただけでもう絶望的な気分ですが
勇気を出して開封します…臭ぇ!…失礼しました。つい物凄い
PVC臭に驚いてしまって…。でもこれはしょうがない(久間
元防衛相)のでめげずにブリスターを開けます。

頭部アンテナ折れてましたorz
ネットで調べたらかなり高確率で折れてるようです。
だったら組立ては客にやらせろヽ(`Д´)ノゴルァ!!
と心で叫びながらもリアルでは無言で接着します。
本気で悲しくなってきました。ラフメイカーは
家の前に来ていませんか?

頭部クリアパーツ、スリングパニアー、ライフルはシャープで
満足な品質。これで全身仕上げてくれていたら定価でも
買うのに…と、思いつつスリングパニアーを装着させる為、
背中の蓋を外す…外れませんorz

どうやら塗料が流れ込んで固まってるようです。
腹の奥に変な物質が湧いて来る感覚を覚えますが、
冷静にデザインナイフで隙間をこじって行きます。
なんとか外れました。わ〜い(棒読み)。

無事(?)スリングパニアーを装着出来たので、ディスプレイ
べースに飛行ポーズで飾ります…脚の関節がユルユルで固定
出来ません。腕は左腕だけ根元からポロポロ外れます。
また、胸のハッチの隙間が大きくて上から覗くとハッチ閉めてても
中のポッドがチラッと見えます…。

自分の中の鬼を理性で抑え付ける園崎詩音(ひぐらし)の如き
忍耐力で関節を瞬着で太らせてポーズを固定できるようにして、
デスクトップに飾ります。ガン種のプラモのCMに出演していた
上戸彩のようなフテりの入った口調で「…カッコいいじゃん」と
つぶやいてミッション終了!速攻で箱に戻して物置にしまいました。

…なお、今回のレビューは多分に「超クソゲー」(太田出版)の
テイストを盛り込んだネタ文章風味ですが、出来事自体は
全て事実です。

己だってネタだったらどんなに良かったかと思うよ!
…ちょっとカンニングの竹山さんも入った(笑)。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月07日

第8話(必殺仕事人V) 窓際族に泣いたのは主水

必殺仕事人2007を観ました。
ジャニーズ事務所のタレントがやたら多いのと、
メンツが若返り過ぎで正直厳しいと思いましたが、思ったより
チャラけたイメージはなくて、ラストの仕事シ−ンはいつもの
シリーズと遜色なく仕上がっており、なかなか良かったです。
やっぱり藤田まことさんの中村主水は最高ですねぇ。

…ちょっと奇想兵器多かったけどな(笑)!

「経師屋の涼次」の殺し方と「からくり屋(大神じゃない)源太」の
殺し道具は歴代の仕事人の中でもトップクラスのおかしさでした。
涼次のはもうギャグスレスレです。三味線屋の勇次(中条きよしさん)
とか組紐屋の竜(京本政樹さん)の殺し方も充分変わった方法なのですが、
コミカルさはありません。どこに差があるんだろう(笑)?


今作の主人公といえるキャラクターの渡辺小五郎(東山紀之さん)は
旧シリーズにおける中村主水とよく似た立場になっていますが、
これは今後TVシリーズを展開する為の布石ではないかと読んで
いますが、番組をご覧になった他の方はどう思われますか?



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月06日

第7話(08小隊) 再会

発売が延びに延びて、先日ようやく出たHCM-Pro41-00
「MS-06JC(JC?これ後付じゃないかい?)ザクU
」を買いました。

基本的な設計は最初に出たF型、マイナーチェンジしたら腰の
組み付けを間違えてる個体が多くてF型より動かなくなったJ型
(J型は「WB討伐体セット」に別カラー、別マーキング仕様も
存在する)、カラーとマーキングを変更したF型ニューバージョン
に続きまたもやお色直しチェンジです。

特徴としては08小隊ならではのスパイクシールドと、かなり
暗めのカラーリング(基本の緑2色がザクUというよりザクV
マシュマー専用機みたいな感じ)、控えめなマーキング、
そしてアホみたいに豊富な武装でしょうか。

ザクマシンガン(マガジン3個、マガジンラック2種)、ザク
バズーカ、シュツルム・ファウスト2個、ヒートホーク3個
(発熱、非発熱、握り手付きの発熱)に握り拳2個と、なかなか
充実しており、フル装備させると以前出ていたギラ・ドーガ
同様にケンプファー並の重装備になります。

その代わりフットミサイルがオミットされてるのが磐梯クオリティ
ですが。まぁ入れたら素のJ型の売りがなくなっちゃいますし。


久々に「HCM-Pro信者乙」な日記になりました。
これでもSPリックドムとJSAセット以外は買い続けていた
自分に呆れるぜ(キュべレイは先日フリーマーケットで
見つけて保護しました。¥500で)。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

第83話〈ゲゲゲの鬼太郎1985〉 雨神ユムチャック伝説

東北にも大規模な雨雲が到来。
半日ずっと雨でした。

もうおかげで紙は湿気を吸ってシャープの滑りは悪くなるわ
模型の塗装はカブるので出来ないわで…。
結局、具体的な成果のないまま出社時間に。

今頃になって買った「ひぐらしのく頃に 礼」が到着。
インストだけする。

今日は充実感のない日です。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月04日

第7話(ドロロンえん魔くん) 妖怪あすなろ小僧

ねこちゃん(ゲゲゲの鬼太郎の猫娘)絵集めに「たのしい幼稚園」まで
手を出す見境のない僕です。

ねこちゃん主役の連載「ねこむすめだニャン」をチェックしましたが、
いわゆる絵本用というか、線がぶっとい絵で3ぺージ。
個人的に期待していた「お色直しチェンジ(ウェディングピーチ)」
ことコスチューム替えもありませんでしたorz

でもアニメ本編より更に幼く描かれたねこちゃん…悪くないぜ。
めげない僕です。

しかしお子様向け雑誌の特撮モノのネタバレ具合は凄いというか、
ヒドい。なるべく避けていた劇場版電王の情報とか無警戒で
見ちゃって凹みました…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第213回(ひげよさらば 最終回) サブタイトルなし

訃報はあまりメインに扱わない方針なのですが、あまりに扱いが
小さく、己も今頃になって気が付いたのを申し訳なく思ったので
少しだけ。

月刊ホビージャパン2007年8月号奥付ぺージより。

「去る6月11日、プロモデラーとして永年本誌でも活躍され、
 "ヒゲのプラモ怪人”の名で親しまれた小澤勝三氏がご逝去
 されました。享年49。ここに謹んでお悔やみ申し上げると
 ともに、氏のご冥福をお祈りいたします。」

…正直、MGモデルのパッケージCGは、己はあまり好きなものは
なかった。けど、ボンボンでよく見かけたあなたの渋い作例が好きでした。
天国なんてものがあるかどうか己には分からないけど、どうか安らかに。

もうちょっといい言葉のかけ様があるかも知れないけど。
やはり、訃報についてはあまり扱わない方がいいな、己は…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月03日

第62話(ゲゲゲの鬼太郎1996) 怪奇!ばけ猫街道

「なんでもベスト5!(BGM:グレン・フライ「ヒート・イズ・オン」)」

己が今、猫娘に云わせたい台詞ベスト5!
「ちょっ…こんな所で?」

と、とんねるずのオールナイトニッポンを聴いていた(もう若くない)方
以外置いてけぼりのツカミですが、まぁいいでしょう(何様!?)。

ネットで第5期のねこちゃん(原作の鬼太郎風)の画像を集めて、
それなりの成果を得たのですが、その際第3期や第4期の画像も
いくつか見つけました。前者は夢子ちゃんという人間の女の子が
ヒロイン扱いになっていてそう目立っていないのですが、後者は
充分萌えキャラナイズされてますね。

そして己が今お熱(ド死語)な第5期ねこちゃん…DVDはいつ出る
のかと調べたら…1巻が8月orz

夏コミ直前まで動くねこちゃんが我が家に来ないのは痛いですが、
その分ねこちゃんがお相手するチンポの数を増やさざるを得ない
(日本語おかしいです)。

DVD、子供向け仕様な価格で嬉しいです。2話収録で¥2000以下です。

画像は1枚目が第4期、2枚目が第5期のねこちゃんです。
20051115895492.jpg
.

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月02日

第14話(ゲゲゲの鬼太郎2007) 鬼太郎死す!?牛鬼復活

いやはや、5期の猫娘はどんだけ己を(;´Д`)ハァハァさせてくれるのか。
彼女の普段着は昔からお馴染みの「白ブラウスに赤いミニスカ」
なのですが、きっちり衣替えでノースリーブになっています。

第14話予告ムービー

あと、サイドストーリーのコーナーの猫娘分の多さもその人気を
裏付けるものかと。なにげにシリーズされてるし。

遅ればせながら、完全に猫娘はじまったな(己の中で)。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月01日

第17話(X) あなた自身が確かめて

Mixiにてみやうーさんが今日の日記でSRWについて触れられて
おりましたが、ロボットアニメのコラボ企画ゲームといえば、先日
はやかわさんが同じく日記で書かれていた、【ACE3】Another Century's Episode3 もありますね。

2の参戦作品もブレンとかリーンとかナデナデシコシコ(シケギャグ
練り込むな)とか意外性の高いものが多かったですが、今回も
キンゲ、真(チェンジ)!ゲッター、エウレカ、ガンダムXなど
操作するのが面白そうなものを揃えて来ましたなぁ。

…マクロスはプラスでも嬉しいんですが、時代設定無視して
(回想などでスポット参戦や、時空の歪みがどうたらとかで(笑))
ゼロ入れて欲しかったかも。

…3にもリーン残ったか。2でもサコミズ王、超おっかないお方
だったので今から((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルです。
あとギンガナムやアスハム、シンシアやアネモネとも戦う機会が
ありそうなので、今からシンシアとアネモネにW足コキされる準備
しときますね。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記