2009年03月24日

生まれ変わった勇士 Reborn Hero(M:TG[TOR])

ソレスタルステーション00 第77回 にゲスト出演した大物新人(?)声優、
蒼月 昇(ツァンユエ のぼる)が屈託が無さ過ぎる件。


パーソナリティの入野、アシスタントの高垣両氏が微妙にやり辛そうで
吹いた。

本編で説明されていない内容(ルイスのフリスクの効能や、イノベイドと
ヴェーダのリンクについてetc)に言及しているのはちょっと助かりますね。
でも小熊の件は解説されてもスッキリしねぇー!

ReBornsCannon.jpg
リボンズの機体は某児童誌に思くそバレ画が掲載されていたらしく、
mayのガンプラスレで遭遇してしまいましたorz(この画像じゃないよ)

まぁ、デザインは本バレだとしても、ストーリーに関しては端折りが
過ぎるバレだったので、デス種の時のように素でウソバレの可能性
(ストフリと運命が双方ボロボロになるまでガチバトル)もあるし、
キャラクター各々の結末については全然記述がなかったので、日曜は
TVの前で全裸で待機します。GN粒子に満たされた空間的な意味で。

Urara-BlackPants.jpg
…レモネードの無駄にエロいパンツに免じて、『お菓子の国〜』の
DVD買うか…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月23日

情報の把握(GUNDAM WAR 22nd 武神降臨)

事業部が違うせいか、新模型情報に全く情報が載っていないROBOT魂の
新製品情報が模型誌に掲載されていました。ROBOT魂はやっぱりライン
ナップがいい意味でおかしい。

SIDE-KMFでまさかの「ハゲ」ことトリスタン。しかもディバイダーではなく
ノーマル版。コレが出るのはモルドレッドが出るフラグと思い込みたい喃…。

SIDE-MSでは大半のパーツを流用出来るものの、本編未登場の「アドヴァン
スドGN-X」が。ブシドー専用機も出ますが、名称が「マスラオ」になって
いました。これはスサノオと両方出す気かな。あまり売れそうにないけど
GN-XはTとU(ソード、キャノンとコンパチ)も出ませんかね。
また、エクシアも出るのでようやくGNフラッグに相方が(笑)。


プラモデルでも「新模型〜」にない新製品情報がありましたが、誰得な
アイテムがかなり…。

MG Gouf2.0 640.jpg
期待のMGグフver.2.0は明るい方の青の成型色が昔の1/144キットと同様か、
それ以上に明るいブルーになっていました。頭部形状はなかなか古臭くて
良さそうです。メットが前後分割になっていて、合わせ目が目立つので
埋めてしまいたいけどモノアイ可動機構が死ぬかも。胴体は曲面構成で
いい感じですが、手足のラインは予想以上に硬い印象でちょっとチグハグに
見えました。


ArkeeG-HGp.jpg
HGアルケーはバランスはいいけど、その分フリーキーさが薄れました。
流石に下腕が細長過ぎたか…。肩の取り付け位置も模型誌の作例より
かなり胴に近くなっています。

以前日記に書いた際には判明していなかったガンプラ新製品は「1/100
ガンダムアストレイ・ゴールドフレーム」…誰得というよりコレ前に
イベント限定で出してなかった?
他に現在尼などで絶賛半額セール中の「1/100ダブルオーライザー」の
デザイナーズマーキングver.が出ます。デカール別売りで出るのに誰得
…なんですが、成型色替えだけでなく、GNソードVを追加してバリューを
持たせています。

…こうなって来るとHGスマルトロンやHGUCνガンダムHWSに根拠のない
安心感を覚えてしまいます。HGのOガンダムもトリコロールカラー確定ですね。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月22日

D.O.M.E.(GUNDAM WAR 15th 禁忌の胎動)

機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン #24 BEYOND

〜黒大将アムロに見られてる〜(ネタが古い)
DAM2nd-24 (2).jpg
DAM2nd-24 (3).jpg
リボンズは真のイノベイターの覚醒の為に作られた人工生命体
「イノベイド」だったのですが、進化してイノベイターとして相応しい
能力を手にしたと云う。彼の暴走を阻止せんと挑んだティエリアだったが、
逆にリボンズの凶弾に斃れる…。

DAM2nd-24 (1).jpg
レグナントVSダブルオーライザー。ネーナを討ってから(討った…よな?)
タガが外れちゃったルイスにはもう生半可な説得コマンドでは効果が
ありません。レグナントのMS形態時の頭部センサーの走査パターンは
アヘッドやGN-Xと同様四ツ目でした。

DAM2nd-24 (4).jpg
DAM2nd-24 (5).jpg
電磁ワイヤーで動きを止めてダブルオーライザーを捕獲、ガガ部隊の
特攻を受け相撃ちになってでも仕留めにかかるレグナント。

爆発の衝撃でルイスはレグナントから放り出されたのか、それとも刹那が
コクピットハッチを引っぺがして助け出したのか分かりませんが、
ともかく沙慈とともに戦闘宙域より脱出。

しかしリボンズによって施された洗脳、または脳量子波による干渉が
抜けず今度は騎乗位で沙慈を責める。ルイスの中でせめぎ合うふたつの心。
そして、彼女は…。

メールや画像は消去したけど、指輪ははめていたのが泣かせる。
でもピンポイントで義手の方の手袋取ったのはいつ?

DAM2nd-24 (7).jpg
ラッセのOガンダム、終〜了〜(浜ちゃんぽく)。
GN粒子の残量ゲージが1stのビームライフルのエネルギー残量ゲージに
クリソツで吹いた。

DAM2nd-24 (6).jpg
ああっ、2ndシーズン随一の萌え機体のアチャ子さんが!
それに較べてアリオスときたら…。こいつの機体特性は可変機構や
機動性よりも頑丈さなんじゃないかと思ってしまうぜ…。

KervsArk1280.jpg
「オレのアルケーもトランザム出来そうな気がしたが、そんな事はなかったぜ」

1stほどの強烈さは発揮していないものの、スタンスがあまりブレないので
悪役ながら好きなキャラのヒロシ。ラス前回なのに敵対組織を
「ソレスタルなんちゃら」とかうろ覚えなのがウケる(笑)。

ケルディムは前回押されっぱなしで両脚ぶった斬られていましたが、
切断されたのは膝からすぐ下だと思ったら足首からちょっと上
くらいまで残ってましたね。それでも弱いながら重力のあるブロックでの
戦闘ならかなりの不利なのですが、今回はライルが互角に渡りあっていました。
この戦闘シーンの動きは見事でしたね。

DAM2nd-24 (9).jpg
DAM2nd-24 (10).jpg
イノベイターとして覚醒し、ガンダムのコクピットの中で仲間の命に
迫る危機を知覚する刹那。いつか見た夢の中でかけられたニールの声に
呼応し変革の力「トランザムバースト」を発動するダブルオーライザー。
過去最大量のGN粒子がソレスタルビーイングを覆いつくし、更に拡散
していく…。

効果検証その1
DAM2nd-24 (11).jpg
実況スレでヘタレ呼ばわりされてて可哀想だった童貞王ビリー。
もっともらしい平和論を展開してみたけれど、GN粒子に覆われた空間では
本心バレバレです(笑)。酒が自由に呑めなくなる世界がイヤビリーの想いを
初めて素直に受け止めたスメラギさんのおっぱいに童貞王、完全敗北。
だが総合的には彼、勝ち組かも知れん。


効果検証その2
DAM2nd-24 (12).jpg
DAM2nd-24 (13).jpg
DAM2nd-24 (14).jpg
ガガはクリオネというか、ヤジロベエというか…。
ブースター部分はプロペラントと推進器のみで爆薬などは積んで
いないのか、パージしている個体がいました。

粒子の加速が激しくなると起きるハレルヤさんの射撃精度マジパネェ。
こいつは高速戦闘より砲台が向いてるじゃないかと思ってしまうぜ…。

マリー(ソーマ込み)と小熊の会話は正直全然噛みあってないのですが、
それでも小熊が折れたようです。分かっていた事だけど、ホントに
小熊は自己中で視野が狭くて…。昔荒熊が母親を犠牲にしたのは、軍務も
あったけど、それ以外に犠牲者を最小限にとどめる為でもあったのに、
ハーキュリーの説明も(∩゚д゚)アーアーきこえなーいして、今度は親父は
軍務を放棄して反乱に加担したと思い込んで殺した後も憎み続けるとか
どこまで根性曲がってんだ。

荒熊に落ち度があったとすれば、自分の息子が想像以上の甘えん坊なのを
見抜けなかった事だなぁ。親が子に期待する事自体は悪いとは云えない
のが難しい。

効果検証その3
DAM2nd-24 (15).jpg
死んだはずのリジェネがギンドロさん(オーメ財団)になったり、ラッセの
死亡フラグがキャンセルされたり、ルイス姫が目を覚ましたりと、
まるでプリキュアASのレインボーミラクルライトのような効能が。
正確にはあっちはべホマズン、こっちはザオリーマでかなり性能は上ですね。

効果検証その4
DAM2nd-24 (16).jpg
ボンズリがヴェーダにアク禁を喰らう。
del報告はリジェネ&ティエリア。

DAM2nd-24 (17).jpg
刹那もヴェーダ本体へ到着。ティエリアの亡骸を発見する。
ヴェーダを完全掌握し、トチローor亀ナレフ?化した彼は、自分が
イノベイドで良かった。皆を助けられる力を得られたのだから、これで
良い、と…。

DAM2nd-24 (18).jpg
無人のセラフィムがヴェーダのバックアップを得て、能力を完全開放する。
ナドレと同質ながら、効果範囲と有効時間が桁違いに大きいトライアル
システムでガガ部隊を沈黙させる。また同系のガ系MSやヒロシのアルケーも
例外ではなく、太陽炉搭載型全てを支配可能な模様。これで勝つる!

DAM2nd-24 (19).jpg
ライルVSヒロシの因縁対決は生身での撃ちあいに。
アニューのささやきによって返り討ちにされるかと思いきや、兄と同じく
罪と咎を抱いて戦う事を決意したライルの勝利。ヒロシの死に様は
カッコ良くはないけど彼らしいっちゃ彼らしかったと思います。

しかしフィクションにおける「仇討ち」の受け止め方って難しいね。
ガンダムシリーズなんかは特にそう思う。

このロリコンどもめ!
DAM2nd-24 (22).jpg
ティエリアがイオリアの計画の真相を語るようですが、今回出た分は
今までリボンズその他が語っていた内容と変わらないようです。
「来るべき対話」関連は外宇宙からターンXが漂着するシチュと絡む
壮大な話なのかも知れませんね。OOは西暦世界なのでリンクするかどうか
曖昧ですが。

DAM2nd-24 (23).jpg
DAM2nd-24 (24).jpg
CB側のガンダム以外動けないはずなのに、セラフィムが撃たれた。
ラスボス機体は1期は金GM、2期は角っぽいガンキャノンか…。
コレ背中向けて座ってるように見えるので、反対側にガンダムフェイス
ありそう&パーツ構成から判断して変形しそう。

リボンズさんは結局やってる事がアホの太子大使とあまり
変わりない気がしますが、スペックは数段上っぽいので最終回は大暴れ
してくれそうです。

DAM2nd-24 (25).jpgDAM2nd-24 (21).jpg

もうイカメシ形態にされても逃げ場がありません…。
歌うタイミングがつかめません…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

暴かれた秘密(GUNDAM WAR BB1)

Bakamontsuki.jpg
劇場版公開時のプリキュアのOPはお菓子の時のそうだったが、公開3日目
にしてストーリーバレ要素が多過ぎる…!コレを恐れて初日に行ったんだぜ。

FrePre3-22.jpg
戦闘はまだいいけど日常シーン仕掛けバラしちゃうとマジで「ちょ〜短編の
尺長い版」に…。新アイテム&必殺技バンクはかなりキレイ。
ただここ数回(+○○版でも)ラブにとって重い話が続くのは何故なんだぜ?

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 09:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月20日

集合写真(GUNDAM WAR プロモーションカード)

PreCureAS-Gen.jpg
 と、mixiでBDさンが至極まっとうな事をほざいていたので、

RahmenMan-nai.jpg
いい口実を見つけた漢気を見せてみた。

PrecureAllStars 001.jpg
映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の大集合!
を観て来ました。…去年のお菓子の国は違ったが、その前の鏡の国と同じく
初日…。お前そんなにプリキュア好きだったっけ?という位喰い付き
いいなボッツさん…。

PrecureAllStars 002.jpg
今回は春休みとモロ被りで、劇場でも空気を読んで大友にはライトと
カード配ってませんでした。パンフには今までの映画シリーズのポスターと
同じ絵柄のシールが付いてきます。中身はあいかわらずネタバレしまくり
なので事前に読んじゃダメな仕様。






ふたばでは概ね好評なようですが、やっぱり14人も動かすのは(作画的な
意味でなく尺や脚本的な意味で)大変そうな感じがしました。過去シリーズに
思い入れがないと辛いんじゃないかなコレ。とりあえず観に行くか迷って
いる諸兄の背中を押す意味であまり問題のなさそうな範囲で良い点を書くと、


●バンク多いけど、戦闘シーンはホントによく動く
●歴代がフレッシュのかませになるかと予想されたが、そんな事はなかったぜ
●初代の格闘能力マジパネェ
●オールスターズのリーダー的存在はのぞみ
●シリーズのオープニングの使い方がカッコ良過ぎる
●りんちゃんさんの扱いが割といい
●エドはるみが出るの忘れてたけど、全くの空気なので無問題

あれ?と思った箇所も多いけど、行けるならDVDが出るまで待たずに観た方が
いいと思います。今回はお祭り映画だし、旬の内においしく頂くべきかと。













最後に若干の不満点の中でひとつだけ。
●トレイラーだとS☆S分多めに見えるけど、そんな事はなかったぜ
 未練がましいがブライト、ウィンディ絡みで少しでも満薫について
 触れて欲しかった。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月19日

月が見えた!(GUNDAM WAR 14th 果てなき運命)

尼から月光条例4巻(アートボード+専用ディスプレースタンド限定版)と
シグルイ12巻到着。いつものごとくkonozamaですが、小田原攻めに遅参した
伊達政宗を許した豊臣秀吉
並の寛大さでハンコを押す。

シグルイは正直失速していると感じますが、WBCのグダグダルール
よりは数段マシ
です。しかし藤木は元々無口なのが更に喋らなくなったなー。

月光条例は断然オススメです。シンデレラ完結+短編数話収録。
エンゲキブもシンデレラも良いですが、このマンガはヤローもいい味出してます。
第8条の天道サイコー。「おめーはいっつもぬかよろこびさせるよな!」

んー、エンゲキブ…というかジュビロ先生の描く乳のウソくささはあまり
変わっていないけど、乳シワ…つぅの?アレは執拗で良いね。


限定版だとコミックでは未登場のトショイインもカラーで拝めるよ。


posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月18日

武器庫荒らし(遊戯王OCG 第3期 第4弾 etc)

コトブキヤの新作の画像を見ましたが、お財布に優しい分小さいんでしょうねコレ…。
Bukiya-Este-R.jpg
  スケール表記が見当たらん…。

  コレよりビックリしたのが「ホイホイさんプラキット化企画」。
  ソースは電撃黒マ王です。

  …プラモ……ラム?…ミンキー?………Zガンダムレディ?

 続きを読む

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月17日

紅蓮舞う(サンライズクルセイド 5th 神魔の覚醒)

mixiにてみやうーさん(塊UP)の嫁だったりんちゃんさんを寝取った実績の
ある己ですが、氏が新たな嫁としてダークドリーム(ほのかの校しゃ設定
では人間名「夢原かなえ」)を迎え入れたので、「これで丸く納まって
良かった」と安心した(嘘くせー なーんか嘘くせー)のですが、ここ数日

「今帰ったよ、かなえー。あけとくれー」

と、「うしおととら」の金票(ひょう)さんフラグを立てているので空気を
読んでみました。

「ねえ みやうーちゃん、今日も遅くなる?」
「この前買ってもらったピアス、みやうーちゃんとプレイするまで
とってあるんだよ。」

「そうか、じゃ、そのピアス乳首とクリトリスに付けられるように…」
「俺、はやーく帰ってくるぞ」


だけど……

待っていたのは…

待っていたのは…

KanaeYumeharaNT-M.jpg
くっ しゅう




posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月16日

違う。こんなの私じゃない(新世紀エヴァンゲリオンTCG 第2弾)

EVANGELION PORTRAITS-DX.jpg
NEON GENESIS EVANGELION PORTRAITS-DX

 地域によっては既に昨年先行発売されていたそうですが、今日初めて
 ローソンで発見しました。サイズは標準的なプライズフィギュアより
 やや小さいくらいかな。
 「この価格帯のフィギュアがコンビニで売れるか」試験的に出したようですが、
 正直コレといったトガッた要素もなく、購買意欲をそそられませんでした。
 …それでもプラグスーツなら惣流さんだけ買っていただろうけど。
 プラスーフェチだから。

 HGセラフィムを組み始めましたが、パーツが細かい上に、HGOOの中でも
 珍しく合わせ目が目立つ箇所が多いですね。あとデカ顔の方のアンテナは
 尖らせる必要がない形状だったのに間違って削り込んでしまったでござる。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月15日

ソレスタルビーイング(GUNDAM WAR プロモーションカード)

機動戦士ガンダム00 2ndシーズン #23 命の華

呼んだ?

DANZEN-PreCure1st.jpg
生命(いのち)の花 咲かせて! 思いっきり〜 もっとバリバリ!!

DAMOO2nd-23 (1).jpg
前回の引きから。リジェネさんはなんで野望持っちゃったんだろう。
ヒロシは久し振り。アルケー改修されてるかな?

DAMOO2nd-23 (2).jpg
初のコーラとCBの共闘(アフリカタワーの時は後方任務だった)。
1stシーズンの事なんてもう忘れてるかもなぁこの鳥頭は…。
いやそもそも何も考えてないかも知れないけど…。

DAMOO2nd-23 (3).jpg
リンダさんは補給時にそのままトレミーに乗り込んでたんでしたっけ。
ここは以前沙慈も座った火器管制室かな。

DAMOO2nd-23 (4).jpg
DAMOO2nd-23 (5).jpg
DAMOO2nd-23 (6).jpg
マネキンがなにやらツンデレな事を云っている間に、メメントモリクラスの
大出力ビーム攻撃が。敵味方が入り交じった戦域に撃ち込んだせいで
艦船はそうでもないけどMSについては見た目アロウズの方がたくさん
巻き込まれてしまってるように見えました。ガンダムの追加装備が
見やすいカットもついでに貼り。

DAMOO2nd-23 (7).jpg
今回歌のお姉さんは出る幕なし。あってもその、なんだ 困る。

DAMOO2nd-23 (8).jpg
DAMOO2nd-23 (9).jpg
DAMOO2nd-23 (11).jpg
イノベイターの本拠地にして量子コンピュータ「ヴェーダ」の所在地
コロニー型外宇宙航行母艦「ソレスタルビーイング(天上人の意)」
武装面が際立っており、艦というより要塞の様な趣き…というか
ヘルモーズ(第3次SRWα)orサンダークロスの1面ボス?

DAMOO2nd-23 (10).jpg
吶喊するマイスターズ&トレミー。こちらも同じく「ソレスタルビーイング」なのが
なんとも皮肉。

DAMOO2nd-23 (12).jpg
懸命に小惑星の表面に設置された無数の砲台を潰すガンダム。
橋頭堡を築けるかと思いきや、かつて見た事がない程多数のMSが出現。
ボンズリが「ガガ部隊」と呼ぶクリオネのようなフォルムの機体の正体は、
これまでガンダム以外ではマスラオのみが実現出来た「トランザムモード」を
実装し、圧倒的な速度で飛翔、更に量産された戦闘生体ユニット「イノベイド」
による精緻なコントロールで体当たり攻撃をする「特攻兵器」だった。
CB以外でトランザムシステムを解析し、MSに搭載せしめた人物と云えば…

DAMOO2nd-23 (13).jpg
やはり童貞王だった…。

DAMOO2nd-23 (14).jpg
DAMOO2nd-23 (16).jpg
ガガの猛攻に晒されるトレミー。連邦の反乱軍とカタロンの援護を受け、
母艦内のヴェーダの位置をサーチしつつ侵入口に突入する。
船体の防御にはアレルヤとソーマ、更にOガンダムに乗ったラッセが
あたる。

DAMOO2nd-23 (15).jpg
ガガ部隊はマネキンの艦やカタロンの艦にも襲い掛かる。
死を覚悟してマネキンを庇い、想いを告白するパトリック・コーラサワー。
爆発とともに散ったと思いきや、持ち前の不死身ぶりを発揮して最終回に
救出される…と思いたい。

DAMOO2nd-23 (17).jpg
DAMOO2nd-23 (18).jpg
母艦内で擱座したトレミーに対人用自動攻撃兵器「オートマトン」が
押し寄せる。白兵戦も辞さない覚悟でブリッジを出るスメラギさんに
童貞の怨念が迫る。居候中に一発くらいさせてやっていればここまで
恨まれなかった…か?ここは自慢の(?)フェラテクやらパイズリで
切り抜けていただきたい。

DAMOO2nd-23 (20).jpg
DAMOO2nd-23 (21).jpg
ヒロシの相手はライル。OP映像やこれまでの因縁から、ライルより
ティエリアかと思いましたが、ヒロシは何人も殺し過ぎてていろんな
キャラと因縁があるからなぁ…。ライルにとっては家族全員を殺した
仇でもあるし、この組み合わせも充分アリですね。

DAMOO2nd-23 (22).jpg
ちょっと空気な今回のせっさんと沙慈、ルイス。想いは届くのか。

DAMOO2nd-23 (19).jpg
ビリーの力でガデッサ、ガラッゾもトランザム可能に。
もともとセラヴィーに速度で勝るガ系という事で、いとも簡単に倒したかに
思えたが…。

DAMOO2nd-23 (24).jpg
DAMOO2nd-23 (25).jpg
機体を捨て、単身でヴェーダを目指すティエリア。
同じくヴェーダに向かっていたリボンズの背後を取ったが今回はここで終了。

ほぼ全編戦闘でしたが、今回はマイスターの影が薄かったような。
流れを読み取ると1stのア・バオア・クー攻防戦の焼き直しみたいですが、
実際のところどの辺りまで意識したシナリオなんでしょうね。

サブタイの割に犠牲者が少なかったですが、次回も何人か整理される
キツい展開になりそうです。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記