2008年11月13日

過ぎ去りし流星(オペレーション・メテオ)(GUNDAM WAR 5th 永久の絆 etc)

lupicca1.jpg

リハビリ用の絵にコレを持ってくる辺りに壊れっぷりを感じますね。
2巻だけ持ってないので、明日商工会議所に行った帰りにでも探してみるか。
己的に黒岩うちきり先生の絵柄が好きだったのはここまでかな…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

真の「星の屑作戦」(GUNDAM WAR 4th 新しき翼)


秋田県が猪に向かっていったんだけど猪はなんともなくて秋田県
かえってきたらしい
(ν速VIPスレ 人間が素手でも勝てそうな動物 より)

ま、それはさておき

●スーパーリアル麻雀PW 完全攻略に挑戦 最終回

 ボーナスゲームについての説明は前回しているので軽く補足する程度で。
 SRM-PWの初期持点は1000点なので、リーチして共に聴牌・流局に
 なると持点が0点になり、即ゲームオーバー→また1人目の愛菜から
 やり直しになるので慎重に行きます。こちらの勝利条件もハードルが
 下がって「トバされずに3回和了ればOK」になっているので運が良ければ…

 というのはやはり甘かったです。結局何度も愛菜まで戻されていい感じに
 心が折れてきます。何度も繰り返してようやく2回は勝てました。

SRMP4Showko1.jpg

SRMP4Showko2.jpg
1回目の和了でSRM-PUのショウ子が脱ぎます。
脱衣シーンはアニメではなく、分割画像による紙芝居形式。
その後縦スクロール→恥ずかしそうな表情と仕草の控え目な
アニメが入ります。

SRMP4Kasumi1.jpg

SRMP4Kasumi2.jpg
2回目はSRM-PVの芹沢姉妹の妹、香澄。
演出と動きはショウ子とほぼ同じです。

その後何度もふりだしに戻されては再挑戦を繰り返してようやく3連勝!
…長かったぜ…。

SRMP4Miki1.jpg

SRMP4Miki2.jpg
ラストは2回目と同じPVより、香澄の姉、芹沢未来。
ラストは横スクロールでした。

SRMP4end.jpg
オチはデモで出てこなかったSDショウ子(笑)。

以上で挑戦終了です。
結果だけチャチャッと載せればもっと簡潔にまとめられるのですが、
ここまで引っ張ってしまいました。ゴメンなさい。

自己満足に過ぎませんが、昔やり損ねた事を今になって出来て嬉しかったです。
最近ゲームのリプレイレビューが多かったですが、今後は通常の日記の
体裁に戻ると思います。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月11日

シャイニングフィンガーソード(GUNDAM WAR TS2 炎の決闘場)

YesPc5GoGoMovie.jpg
「劇場版Yes!プリキュア5GoGo!」を観たオイラに触る?」
(サウスパーク無修正劇場版)カートマン乙。


と云うワケで今年も!姪を社会的な意味で隠れ蓑にして!観ましたプリキュア映画。
Yes! プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪
…死ねばいいのに。

まだ公開してそれほど日も経っていないのでここではなるべくネタバレはしません。
ただ云えるのは「観るかどうか迷っているならどう考えても観た方が(・∀・)イイ!!」と。

まぁ今日観に行くきっかけとなったのは今日だけ使える「レイトショー以外
でも大人料金が¥1000になるクーポン」の存在と、姪に連絡したら観たいと
云ったからなんですが。

そう云えば何故か今回はミラクルライト2とデータカードダス、一人に
1セットずつくれました。余ってるのか?それともドリームライブの販促
だからバンバン配れという指示でもあったのか?
ドリライは今あまりやってないけどこのカードだけのスペシャルメドレーで
あそんじゃお!
と、なんともプレイ意欲を煽る特典が仕込まれており、
それなら磐梯山に乗せられてやるか!という気にさせられます(笑)。

平日夕方からの上映という事で観客はなんと己らふたりだけorz
ちょっと心配になりましたが、レッドクリフ目当ての人も10人切ってた
くらいなので変な安心の仕方をして客席の真ん中よりちょい上の己的に
ベストな席で鑑賞。

先に同時上映の「ちょ〜短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ!」
始まったのですが…やべぇ、なぎさが可愛い過ぎる&S☆S組がけっこう
優遇されてる&ミルキィローズがでしゃばらない!なにこのはやかわさんが
指摘したDS版の不満点解消してるっぷり…。
単なるデータカードダスの販促アニメだとナメてたんですが、作画も動きも
立派な劇場版レベルの仕上がりだし、オチへの持って行きかたも巧い!
他にも「おっ!」と思わせるシーンが短い中にたくさんありましたが、詳しくは書かないぜ。
その辺は自分の目で、

「確かみてみろ!」(RYU FINAL)

唯一の不満点は満と薫が共闘しない事くらいかな(モブでアカネさんや
増子美香がいたので、満薫もどこかにいたかも)。
いや本編前にいいモン観せてもらいました。
…この時点で「逆に本編ウンコだったらどうしよう…」と不安になった事を
ここで白状しておきます。


ちょ〜短編だけでかなり長くなってしまったので、本編の感想は明日にでも、
それもかなりあっさり目で行く予定です。上でも書いたけど、「観るか
どうか迷っているならどう考えても観た方が(・∀・)イイ!!」出来でした。
前作と違って「公開前からwktkしていなかった分、いい意味で期待を
裏切られた」感じでした。

あ、そうそう
来年4月にプリキュアオールスターズで長編やるってよ!

「私(ほのか)の校しゃは どこまで昇る…」
伊良子清玄乙。


posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月10日

責め苦の天使 Tormented Angel(M:TG[UDS])

●αρχη(権天使)ガンダム
arkheGundam.jpg

機動戦士ガンダムOO公式HP
が更新され、キャラ、メカの
設定も追加、更新がありました。中でも注目は上記のヒロシの乗機、
アルケーガンダムです。本体は真紅に近い赤だと思ったのですが、
設定ではアロウズ制式カラーに近い色合いでした。
本編での初登場が夜だった上に炎上する都市の上空だったので、その分
コントラストの強い色で表現されていたようです。それにしても下腕長ッ!
HPでは機体解説はまだ入ってないですが、雑誌バレによるとその
フォルムから想像する通り新規設計機ではなく、半壊状態だった
ガンダムスローネUを修復し、更に最新技術を盛り込んで新生した
ガンダムだそうです。主武装のGNバスターソードとGNファング(サイドスカートが
コンテナになっていた)は健在のようですね。

他にメカではMAトリロバイト、MSリアルド宇宙型(カタロンカラー)、
キャラではヒロシと黒ビリーが追加、スメラギさんはようやく
カテゴリ「その他」から「CB」に移動しました。それに伴いCB制服姿が
追加。衣装追加は熊親子のパイロットスーツもですな。

それにしても…

スメラギさんの制服設定は「サイズ小さくて…キツいの…」のヤツに
しろよ!
して下さい。

そういやアイシールド21が…危惧していた「世界編」に突入してしまいました…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

笑う花(遊戯王OCG[第1期 vol.6])

GIURouyamaSmile.jpg

ガールズ イン ユニフォーム 楼山早輝 スマイル満開Ver.

 魂ウェブ商店版はハイホ限定版と違ってプリスターパック入りなんですね。
 べースにはハイホのロゴが入っているなど内容自体はまるっきり同じ品の
 ようです。締切りは明日11日までだそうな。ゴーオン好きな人は買うたら
 ええ(有野課長?)。

 ただこれで本体円1050+送料・代引手数料¥950=総額¥2000は正直
 ボルタック商店だと思います。とか云いながら
 インアクOFFSHOOTのサザーランド・エア(セシル機)はポチりそうな
 俺ガイル。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月09日

疑わしき資格(GUNDAM WAR 20th 流転する世界)

機動戦士ガンダムOO 2nd season #06 傷痕


2ndシーズンの「きれいなティエリア」ならこのくらいは頼めばやってくれそうな
気がする…。
DamOO2nd-6(1).jpg

DamOO2nd-6 (2).jpg
炎に焼き尽くされたアザディスタンの首都から、ほぼ壊滅したカタロンの
基地に戻った姫。悲しみにくれる姫は2ndシーズンになって丸く
なったとボッツ石松が嘆いているサドメガネに縋りただ泣くばかりであった。
サドメガネは優しく姫に問いかける。
「ところで私のキンタマを見てくれ こいつをどう思う?」
「すごく…大きいです…」


DamOO2nd-6 (3).jpg
再び姫から保母さんにジョブチェンジするマリナ様。
子供を車に乗せている隙にトレミーUに逃げられました。
「ちょ…!私の弁当箱が飛んでっちゃう!」

DamOO2nd-6 (4).jpg
ビンタその1。orzな沙慈。
ティエリアから糾弾されるのですが、1stシーズンの糸色望だったら
こんなモンじゃあ済まないぜ?
「よかったのかホイホイアロウズに情報をバラして
俺は、僕は、私は自分のミスは棚に上げて他人だけ万死に値させる
ような性別不明なんだぜ?」


DamOO2nd-6 (5).jpg
AEU時代の九条(源氏名スメラギ・李・ノリエガ)とマネキンは戦術予報士
同士で、ある作戦行動の際に判断ミスをして自分の部隊と友軍の部隊に
同士討ちをさせてしまい、スメラギさんはその時に恋人(?)を死なせて
しまったらしく、今回のアロウズによる虐殺の現場を目の当たりにして
トラウマを思い出して倒れてしまいました。

それはさておき、AEU制服姿でもそのパイタニックぶりは健在。いやむしろ
今より若い分張りがあってB地区がかなりいい角度に上向いてそうです。

……何云ってるんですか……。

DamOO2nd-6 (6).jpg
一方その頃サドチャイナは紅龍お兄ちゃん(!)を言葉嬲りして悦に入っていた。
まぁ紅龍がドMだったらこれはこれで仲のいい兄妹の日常的なコミュニ
ケーション
なのかも知れないけど。

くぎゅカブトガニが想像よりかなりデカくて驚いた。

またクソ長くてまとまらない内容になってしまったので分割するぜ。

 続きを読む

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月08日

悲しみの残りカス Dregs of Sorrow(M:TG[7ED]etc)

Asurab.jpg
地元のローソンでようやく「もちぷよ カスタード」を発見。残1個。
早速買って帰って食べてみました。

…コレ、北海道ミルククリームよりしっくり来るかも。
お餅のような皮にカスタードクリーム、無難な組み合わせだけど
だからこそ素直に美味いわ。


Zタイプ・ザクの頭部〜胸部を仮組みしていますが、思いのほかパーツの
勘合が良い。これなら股関節の軸変更と手首交換(HGUCジオングと)、
足裏ディテールアップくらいであとはストレート組みでイケそうです。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 02:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月07日

魅惑の女王 LV5(遊戯王OCG[第5期 CYBERDARK IMPACT])

キャミィもいいけどスパUおよびXのつんりの追加パターンの太腿のエロさは異常。
という事でこちらも貼り付けてみる。
Cyunbu1.jpgCyunbu2.jpg
これもキャミィ同様、

上段  弱P 中P 強P
中段  弱K 中K 強K
下段  ボタン押しっぱなし スパUカラー1P スパUカラー2P

スパUカラー2Pのバストアップ絵は用意されていず、スパUカラー1Pと同じ画像が
表示されます。
Chunac1.jpg
Chunac2.jpg
ヴァンパイア以降ほとんどアニメ塗りに移行したカプンコ製の格ゲーキャラですが、
移行前の丁寧なグラデ塗りの魅力も捨てがたい喃。つんりはニュートラルポーズが
あまり面白くないので、天空脚(近立強K)、天昇脚、気功拳にしてみました。
…弱Pカラーにヨガテレポートの残像がカブってるorz

Cyunero1.jpgCyunero2.jpg
スクショ撮る際にエロいアニメパターンが拾えたので掲載。
やっぱりつんりはおっぱいより脚ですね。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月06日

エル・フィノ(サンライズクルセイド 5th 神魔の覚醒)

サクラ大戦のトレカゲーの公式サイトってもう消えてるのね…。
タイトルは中の人繋がりで。

昨日の日記で言及していたMixiのプロフ画像用の絵の下描きをひとつ晒してみる。

神崎すみれ(サクラ大戦シリーズより)
Sumiresmokingu081106.jpg
何度も描いているキャラですが、REY'S先生に対するG=ヒコロウ先生の
感想
と違って愛着があるので描き飽きないです。みんなはどう?

トリミングして色塗れば使えそうだけど、もう少し他の候補も立てるか。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 02:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月04日

なるべくしてなったことなんじゃ(ジョジョの奇妙な冒険ABC 第5弾)

コミックマーケット準備会から改めて落選した事を思い知らされるアイテム、
「窓無しの封筒」が届きました。

行けそうにないにしても、落選≒いらないサークルと断ぜられたようで
あまりいい気分はしないなぁ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記