2008年11月10日

責め苦の天使 Tormented Angel(M:TG[UDS])

●αρχη(権天使)ガンダム
arkheGundam.jpg

機動戦士ガンダムOO公式HP
が更新され、キャラ、メカの
設定も追加、更新がありました。中でも注目は上記のヒロシの乗機、
アルケーガンダムです。本体は真紅に近い赤だと思ったのですが、
設定ではアロウズ制式カラーに近い色合いでした。
本編での初登場が夜だった上に炎上する都市の上空だったので、その分
コントラストの強い色で表現されていたようです。それにしても下腕長ッ!
HPでは機体解説はまだ入ってないですが、雑誌バレによるとその
フォルムから想像する通り新規設計機ではなく、半壊状態だった
ガンダムスローネUを修復し、更に最新技術を盛り込んで新生した
ガンダムだそうです。主武装のGNバスターソードとGNファング(サイドスカートが
コンテナになっていた)は健在のようですね。

他にメカではMAトリロバイト、MSリアルド宇宙型(カタロンカラー)、
キャラではヒロシと黒ビリーが追加、スメラギさんはようやく
カテゴリ「その他」から「CB」に移動しました。それに伴いCB制服姿が
追加。衣装追加は熊親子のパイロットスーツもですな。

それにしても…

スメラギさんの制服設定は「サイズ小さくて…キツいの…」のヤツに
しろよ!
して下さい。

そういやアイシールド21が…危惧していた「世界編」に突入してしまいました…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

笑う花(遊戯王OCG[第1期 vol.6])

GIURouyamaSmile.jpg

ガールズ イン ユニフォーム 楼山早輝 スマイル満開Ver.

 魂ウェブ商店版はハイホ限定版と違ってプリスターパック入りなんですね。
 べースにはハイホのロゴが入っているなど内容自体はまるっきり同じ品の
 ようです。締切りは明日11日までだそうな。ゴーオン好きな人は買うたら
 ええ(有野課長?)。

 ただこれで本体円1050+送料・代引手数料¥950=総額¥2000は正直
 ボルタック商店だと思います。とか云いながら
 インアクOFFSHOOTのサザーランド・エア(セシル機)はポチりそうな
 俺ガイル。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月09日

疑わしき資格(GUNDAM WAR 20th 流転する世界)

機動戦士ガンダムOO 2nd season #06 傷痕


2ndシーズンの「きれいなティエリア」ならこのくらいは頼めばやってくれそうな
気がする…。
DamOO2nd-6(1).jpg

DamOO2nd-6 (2).jpg
炎に焼き尽くされたアザディスタンの首都から、ほぼ壊滅したカタロンの
基地に戻った姫。悲しみにくれる姫は2ndシーズンになって丸く
なったとボッツ石松が嘆いているサドメガネに縋りただ泣くばかりであった。
サドメガネは優しく姫に問いかける。
「ところで私のキンタマを見てくれ こいつをどう思う?」
「すごく…大きいです…」


DamOO2nd-6 (3).jpg
再び姫から保母さんにジョブチェンジするマリナ様。
子供を車に乗せている隙にトレミーUに逃げられました。
「ちょ…!私の弁当箱が飛んでっちゃう!」

DamOO2nd-6 (4).jpg
ビンタその1。orzな沙慈。
ティエリアから糾弾されるのですが、1stシーズンの糸色望だったら
こんなモンじゃあ済まないぜ?
「よかったのかホイホイアロウズに情報をバラして
俺は、僕は、私は自分のミスは棚に上げて他人だけ万死に値させる
ような性別不明なんだぜ?」


DamOO2nd-6 (5).jpg
AEU時代の九条(源氏名スメラギ・李・ノリエガ)とマネキンは戦術予報士
同士で、ある作戦行動の際に判断ミスをして自分の部隊と友軍の部隊に
同士討ちをさせてしまい、スメラギさんはその時に恋人(?)を死なせて
しまったらしく、今回のアロウズによる虐殺の現場を目の当たりにして
トラウマを思い出して倒れてしまいました。

それはさておき、AEU制服姿でもそのパイタニックぶりは健在。いやむしろ
今より若い分張りがあってB地区がかなりいい角度に上向いてそうです。

……何云ってるんですか……。

DamOO2nd-6 (6).jpg
一方その頃サドチャイナは紅龍お兄ちゃん(!)を言葉嬲りして悦に入っていた。
まぁ紅龍がドMだったらこれはこれで仲のいい兄妹の日常的なコミュニ
ケーション
なのかも知れないけど。

くぎゅカブトガニが想像よりかなりデカくて驚いた。

またクソ長くてまとまらない内容になってしまったので分割するぜ。

 続きを読む

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月08日

悲しみの残りカス Dregs of Sorrow(M:TG[7ED]etc)

Asurab.jpg
地元のローソンでようやく「もちぷよ カスタード」を発見。残1個。
早速買って帰って食べてみました。

…コレ、北海道ミルククリームよりしっくり来るかも。
お餅のような皮にカスタードクリーム、無難な組み合わせだけど
だからこそ素直に美味いわ。


Zタイプ・ザクの頭部〜胸部を仮組みしていますが、思いのほかパーツの
勘合が良い。これなら股関節の軸変更と手首交換(HGUCジオングと)、
足裏ディテールアップくらいであとはストレート組みでイケそうです。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 02:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月07日

魅惑の女王 LV5(遊戯王OCG[第5期 CYBERDARK IMPACT])

キャミィもいいけどスパUおよびXのつんりの追加パターンの太腿のエロさは異常。
という事でこちらも貼り付けてみる。
Cyunbu1.jpgCyunbu2.jpg
これもキャミィ同様、

上段  弱P 中P 強P
中段  弱K 中K 強K
下段  ボタン押しっぱなし スパUカラー1P スパUカラー2P

スパUカラー2Pのバストアップ絵は用意されていず、スパUカラー1Pと同じ画像が
表示されます。
Chunac1.jpg
Chunac2.jpg
ヴァンパイア以降ほとんどアニメ塗りに移行したカプンコ製の格ゲーキャラですが、
移行前の丁寧なグラデ塗りの魅力も捨てがたい喃。つんりはニュートラルポーズが
あまり面白くないので、天空脚(近立強K)、天昇脚、気功拳にしてみました。
…弱Pカラーにヨガテレポートの残像がカブってるorz

Cyunero1.jpgCyunero2.jpg
スクショ撮る際にエロいアニメパターンが拾えたので掲載。
やっぱりつんりはおっぱいより脚ですね。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月06日

エル・フィノ(サンライズクルセイド 5th 神魔の覚醒)

サクラ大戦のトレカゲーの公式サイトってもう消えてるのね…。
タイトルは中の人繋がりで。

昨日の日記で言及していたMixiのプロフ画像用の絵の下描きをひとつ晒してみる。

神崎すみれ(サクラ大戦シリーズより)
Sumiresmokingu081106.jpg
何度も描いているキャラですが、REY'S先生に対するG=ヒコロウ先生の
感想
と違って愛着があるので描き飽きないです。みんなはどう?

トリミングして色塗れば使えそうだけど、もう少し他の候補も立てるか。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 02:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月04日

なるべくしてなったことなんじゃ(ジョジョの奇妙な冒険ABC 第5弾)

コミックマーケット準備会から改めて落選した事を思い知らされるアイテム、
「窓無しの封筒」が届きました。

行けそうにないにしても、落選≒いらないサークルと断ぜられたようで
あまりいい気分はしないなぁ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月03日

暗黒界に続く結界通路(遊戯王OCG[第4期 ELEMENTAL ENERGY]etc)

「会社は死んだし冬コミも落ちたし、せっかくなので1円パチンココーナー
でCRサクラ大戦FVWを打って負けてやさぐれていきたい!!!!」←大攻略

いがらし乙。
3箱出しても端金。換金して模型店で1/144のMSVキット3個買って終了。
勝ってもやさぐれた気分になれる。それが円パチ。
もうパチンコホールはしばらく行かなくていいや。

と、これだけでは日記としてもあまりに華がないので、澪奈でしか
出来ていなかった「パチンコセクシーリアクション」のフィーバー5R完走、
残りの2キャラに挑戦。

5R完走が困難なのは、パンクまでの制限時間よりも、大当たり時点の出球が
多過ぎると、完走前に玉数ノルマを越えてしまう点。
つまり狙えるのは各キャラの3枚目のコス獲得挑戦時(目標1500発)
かつドル箱に溜まっている玉数が100発くらいまで。そこで大当たりを
引いたらなるべくアタッカーだけを狙って、ヘソチャッカーなどに
入れて無駄に玉を増やさないように細心の注意を払う…という、
本来のパチンコと違う出球コントロールが必要になります。

で、まぁ簡単に完走出来るハズもなく、パンクしたら即ヤメの繰り返しに
なります。2時間くらいやってると気分は悪い意味でゲームセンターCX(笑)。

何度も見る羽目になるコンティニュー画面
mirucon1.jpgmifycon1.jpg
mirucon2.jpgmifycon2.jpg
mirucon3.jpgmifucon3.jpg

追加投資に沸く女達。
mirucon4.jpgmifycon4.jpg

深冬さんは3度目挑戦であっさりイケたのですが、みるるが…。
早めに大当たりが引けなかったり、アタッカーの開閉と流れている
玉のタイミングが絶妙に悪かったり…。

でもまぁ、みるるのは粘った甲斐があったかな。
着替えシーンと違ってB地区がはみ出ているワケでもないけど
いい持ち上げ具合。
Miruru-b5.jpgMifuyu-b5.jpg

続きを読む

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

狡猾な傭兵(GUNDAM WAR 21st 放たれた刃)

Mixiで日記編集してたら日付変わっちゃいました。
まぁイーバ(誰が分かるんだコレ…)。

機動戦士ガンダムOO 2nd season #05 故国燃ゆ


bug.jpgDamOO2nd-5(35).jpg
 シーブックは、円盤状のものがまちがいなく大量殺人兵器だと確認できた。
 ビーム・サーベルに阻まれたバグは、一旦は交代を見せはしても、何度も前進しては、
その弱いレーザーを発射し、体当たり攻撃を敢行した。それは陰湿で、人の感性を逆撫でする
行動だった。
 マシンのやるものではないが、マシンだからこそできる行動でもある。
                 (小説 機動戦士ガンダムF91クロスボーン・バンガード(下)より引用)

 オートマトンが出る回は、御禿のバグの描写を思い出すぜ。


DamOO2nd-5(1).jpgDamOO2nd-5 (2).jpg
 イノベイター3人目の声出しキャラは、「リヴァイブ・リバイバル(CV:斎賀みつきさん)」。
 なんか全員再生に絡んだ名前なのね。表情を見て受けた印象ですがリジェネと仲悪そう。
 新型MSがロールアウトしたとリボンズに報告していたけど出番はまだまだの模様。
 しかし今回からあの男があの機体の同系機を…。
 DamOO2nd-5 (3).jpgDamOO2nd-5 (4).jpg
 DamOO2nd-5 (5).jpgDamOO2nd-5 (6).jpg
 体型はスローネUより先鋭化し、顔は更にガンダムタイプのフォーマットからかけ離れた
 ものになっていますね。

 一方カタロン側の陣容とか。アンフまで使わなきゃいけないのが泣けてくる…。
 DamOO2nd-5 (7).jpgDamOO2nd-5 (8).jpg


 復ッ活ッ!サドメガネ復活ッッ!サドメガネ復(ループ
 DamOO2nd-5 (9).jpg
 「マリナは話の邪魔になるから子供のお守りやってて」「え、えぇぇ〜…」

 DamOO2nd-5 (10).jpg
 「断固辞退する。私はアザディスタンの皇女。つまりはワンマンプリンセス…」

 DamOO2nd-5 (11).jpg
 ビキッ!「やれよ」

 DamOO2nd-5 (12).jpg
 「さ、さぁ〜みんな向こう行きましょうね♪」

 DamOO2nd-5 (14).jpgDamOO2nd-5 (15).jpg
 ちなみに子供には優しいのです。

 やたら縦に長くなったので続きは追記にて。
 続きを読む

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月01日

赤壁の無敵船団 Red Cliffs Armada(M:TG[PTK])

今日から映画「レッドクリフ part1」が公開されています。
RC (1).jpgRC (4).jpg
RC (5).jpgRC (6).jpg
RC (7).jpgRC (2).jpg
RC (8).jpgRC (3).jpg
RC (9).jpgRC (10).jpg

げえっ!関羽!
RC(12).jpgRC (2).jpg
RC (11).jpgRC (3).jpg
レッドクリフ part1ってこうですか!?わかりません!
…レッドクリフネタなら趙雲を使った方が良かったねコレ。

レイトショーで観る予定でしたが、どうも観たい気持ちが盛り上がらず
スルーしてHG ケルディムガンダムを買って帰宅しました。
だいたいそんな感じ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記