2008年05月28日

量産化の成功(GUNDAM WAR 9th 相剋の軌跡)

なんかみんなでりんちゃんさんを責めているみたいなので己だけ
ちょっと甘めにしてみます。(脳内)夫なんだからいいよね?寝言ですか?

発売当時に買っておけば良かったんですが、その仕様のアレさ加減に
二の足を踏んでいたらすっかり見つかりにくくなっていた無印種の
コレクションシリーズのM1アヌトレイとストライクダガーをオクで
落としました。これてっきり定価¥300かと思ったら¥500なんですね。
この2つのキット、出品されている方が同一で両方とも¥300で落札
出来ました。送料込みでだいたい定価買いの金額と一緒なのでまぁOKかな。

キット内容を改めて見てみたんですが、ストライクダガーはともかく
M1アヌトレイは市販の関節パーツ仕込みにくいですね。HGレッドフレーム
のものとも結構ディテールが違うし…。
時間あるときにホビージャップのバックナンバーでも調べて、せめて
膝くらいは可動にしたいな。

なんかプリキュア5GdGdのエロ描いてるときに思うべきじゃない気も
するけど、妙に東京ミュウミュウが恋しいぜ。こないだ出たのがたむけん
さんじゃなく、こまちの姉さんだったらこんな事思わなかったんだろう
けど…。寝言ですか?

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月27日

黒衣の大賢者(遊戯王OCG[DUELIST LEGACY vol.1]etc)

アルターALTER Co.,Ltd 1/8シャロン
 
ゲームやってるとわかるんですが賢者は黒衣じゃなくて白衣なんですがね…。

アルターALTER Co.,Ltd 1/8シャロン 賢者Ver.
 
ゲームセンターではシリーズ5作目が稼動中、ニンテンドーDSへの
移植も決定しているクイズマジックアカデミー(通称QMA)ですが、その登場
キャラクター、シャロンのフィギュアがアルターから発売されていたの
ですわ。で、この度久々に再販されて尼にもほんのちょっと入荷したので
スナイプしてみました。ちょっと値引きしてたし、何より以前入手
し損ねたらちょっとしたプレ値が付いてて歯噛みした過去があったから喃。
メーカ−HPの画像では見えませんが、ガーターベルト装備しやがって
ますこのお嬢。ちなみに尼では既に売り切れてプレ値出品されている物
しか残っていません…。

QMAの本命(=メインで使っているキャラ)はマラリヤなんですが、なかなか
出ないな…。ガチャポンのもなかなかの出来なんですが、やはりシースルー
部分の塗装での再現には1/8クラスのサイズが良いのではないかと。

(5/29追記)
尼のシャロンの在庫が復活していました。買い逃していた方は
チェックしてみてはいかがでしょうか。また、同シリーズのアロエが
35%OFFになっています。


posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月26日

失われし夢の井戸 Well of Lost Dreams(M:TG[DST])

何週か遅れで月曜16時からという時間帯に放映していた「ハヤテのごとく!」が
終わってしまいました…月曜の生きる糧がひとつ無くなってしまった…。

って、ボッツさんハヤテ好きだったの?初耳なんですけど?
…うん…まぁ…観てました。毎週欠かさず。

キャラ萌えとかより、あの終わらない夢のような学園生活やドタバタが
好きでしたね。昔「うる星やつら」にハマっていた感覚と似ているというか。
あと、妙にツリ目率高くない?このアニメ。

どうやらアニメは2期目制作が決定しているようなので一安心…と云いたい
ところですが、青森でやる保証はないんだよなぁ。あとハヤテの直後に
愛のソレア」とかいうドロドロな昼ドラを流すのはどうかと思います。
しかもこっちはまだまだ終わりそうにないという…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月25日

張 五飛(チャン・ウーフェイ)(GUNDAM WAR 4th 新しき翼etc)

友人から電穂の情報を追加で教えてもらったんですが、その内容が…。

HCM-Pro Tallgeese-b.jpg
>6月にウイング&ヘビーアームズ
>7月がサンドロック
>8月がトールギス
>みたい。
>というわけでシェンロンより先にトールギスが出るらしいッス。
>シェンロン…。

HCM-Proトールギスは8月予定ですか。
シェンロンはチラシにも出てるし、ホビーショーでも原型展示されてたし
出るのは確実だと思いますが随分遅いですね。基本Kitty Guyが多い
GWのガンダムパイロットですが、五飛はなぁ…五飛…。

gohi.jpg
でも己の嫁ことりんちゃんさんよりまだまだ扱いマシだよ?君。

HGUCのザクFZやMGフォースインパルスが出てましたね。
FZは上半身のボリュームが足りない&脚が細くてちょっと厳しい出来。
あとMMP-80マシンガンが妙に大きい気がしました。
MGインパルスはいわゆる種アレンジがうまくいっていますね。ランナーの
パーツ分けの配置やスイッチのある箇所から類推するにソード、ブラストも
出る可能性があります。初回特典のプロモーション映像をダウンロード
して観てみたら、秋頃に種orデス種登場の機体をMG化するとありました。
その新製品が一から開発するものか、インパルスのバリエで残り2つの
形態になるのか気になりますね。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

踊る円月刀 Dancing Scimitar(M:TG[ARN]etc)

「ついにねんがんの ファルシオンを てにいれたぞ!」
Falsion (1).jpgFalsion (2).jpg
Falsion (3).jpgFalsion (4).jpg
古のハード、ファミリーコンピュータ ディスクシステム専用の3D
シューティング「ファルシオン」です。メーカーは己が好きだった頃のコナミ。

もう10年振りくらいに遊んだんですが、今でも充分面白いです。
敵の行動パターンの多彩さと、ハードスペックの限界に挑戦するような
描画速度には惚れ惚れします。そして最も素晴らしいのはサウンド。
この頃のコナミサウンドは神懸かっていましたねぇ。元の曲の良さに加え、
ディスクシステムに搭載されたPWM音源の恩恵でロムカセットより重厚な
サウンドが愉しめました。個人的にはグラディウスよりこちらの曲の方が
断然好みです。

昔は全面クリア出来たんですが、今やってみたら1クレジットで3面まで
行くのが精一杯でした。時間が出来たらじっくりやり込むつもりです。
後半面に好きな曲が固まってるからな!

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月24日

ゲスの呪文書 Geth's Grimoire(M:TG[DST])

フィルタをすり抜けてくる迷惑メールが鬱陶しいです。
でもときどきメールのタイトル等が面白いのがあったりするんですよね。
…それでも中身開けやしないけどな!

今日届いていたもので面白かったのが「タイ人に受ける外見をしています。」
誰がそんな外見なんだよ!己か?それとも差出人がか?

差出人名で過去一番面白かったのは「ドーベルマン奈々子」
ググッてみたら迷惑メールデータべースに本文が載っていました。
…やべぇ、こいつ本文も面白いわ(笑)。

ドーベルマン奈々子です。


 「今もその短小ぶりは発揮されてますでしょうか?」
 短小ぶりを発揮って…。いきなり人のちんこについてものっそい失礼な事を書いて
 ますが、それより何より「私がなぜドーベルマン奈々子というハンドル
 ネームなのかもすべて分かるように理由も書いておきました。」
 これだけは知りたいわ奈々子。

 あと先日書いた日記のタイトルのせいで、一部でアナルの事を
 ガーベラって呼ぶ輩がいらっしゃるようですが、恥ずかしくなって
 きたので謝罪と賠償を要求するニダ。
                                        by お尻ゴッド

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月23日

XXXG-01D ガンダムデスサイズ(GUNDAM WAR 4th 新しき翼)

HCM-Proのデスサイズが届きました。
もうこれ以外本格的にシリーズ展開される事はないであろうTV版
ガンダムWのHCM-Pro商品化第1弾として発売されたばかりの品ですが、
今後他の機体も集めていくに足る出来なのか、HCM-Pro厨の「俺が
確かめてやる!」(リーマン少佐)
と意気込んでみました。

先日、「食玩サイズにガンダムタイプが立体化されたら用心せい」(舟木
一伝斎?)」と書いたばかりですが、このデスサイズは小さいのに塗り
分けがキッチリとしており、特に頭部はツインアイはもちろん、マスクの
への字ライン、バルカンの黄色も完璧でした。
己の買った個体がたまたま状態が良かったのかも知れませんが、「パンダ」
呼ばわりされ、酷評に晒されたZガンダムとは雲泥の差です。
バスターシールドの十字マークもキレイに塗られていて、割高感の
ある分、他の同サイズの完成品とのクオリティの差を付ける努力を
しているのが伝わってきます。腿やスネのグレーのライン表現や
スリットは、グレーのフレームに白い外装を被せる形になっていて、
隙間や開口部から見えるフレームのグレーで色分けを行っています。
原型公開時に懸念されていた1/100キット並のクドいモールドは、
HCM-Pro特有の「タンポ印刷によるストライプ塗装」がなく、モールドに
スミ入れがされていない事もありそれほど気になりません。

武装はビームサイズ(大鎌)とバスターシールドのみ。
ビーム刃はクリアパーツにグリーンの塗装が施されていますが、色が
濃すぎに感じました。鎌の刃のビーム部分はオプションでTV版準拠の
ものと、ハッタリの効いた巨大なものの2種類が付属しています。
他にはディスプレイ用べースが付属。ガンダムWシリーズには今後も
べースが付いてくるそうで、それぞれ連結して飾っておけるように
なるとか。

友人からの模型誌情報によるとガンダム5機の次に「トールギス」が
ラインナップされる事が決定しました。カトキ氏(うじ)デザインの
ロボの中でもかなり好きな機体なので嬉しいです。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月22日

暗黒の凱歌 Dark Triumph (M:TG[NEM])

今年発売予定のバンダイナムコの格闘ゲーム、ソウルキャリバーWには
スターウォーズの有名なキャラクター、ダース・ベイダーとヨーダが
参戦するそうですね。

所有していないハードでの発売だったので「酸っぱい葡萄」とばかりに
ロクにチェックしていなかったんですが、今回あるニュースを見て
公式サイトを観に行って知りました。ちなみにあるニュースとは
これの事です。

「日本は巨乳を独り占めにするな!」 露出度控えめの米国版「ソウル
 キャリバー4」に、米ファン怒り心頭


 …アメリカのゲーマーもバカばっか(褒め言葉)ですね。
 ダメなシンパシーを感じるぜ。

 ダース・ベイダーといえばGWの頃に検索でこんなの見つけて
 吹いたのを思い出しました。

ダース・ベイダー鎧兜飾り

 創業300年の日本人形の一流メーカー「吉徳」が制作・販売していたり、
 兜・面頬(めんぽう)・前立のデザインを竹谷隆之氏が手がけていたりと
 やたらと豪華な一品で、お値段も¥346,500(税込)と半端じゃないです。
 個人的には武者ガンダムよりこちらの方が違和感がなくてカッコ良く
 感じます喃。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月21日

溶鉄の災難 Molten Disaster(M:TG[FUT])

GUNDAM STANDart2:
 
最近再販でもかかったのか、もしくは青森では3月の先行販売がなく、
今初売りなのか不明ですが「GUNDAM STANDart:」の第2弾が近所のコンビニに
置いてありました。Hi-νメタリックver.と百式は既に売れていたので
ノーマルペイントのHi-νとグフカスタムの2択。両方買うという概念は
ありません(なんでだよ)。

結局前弾でザクしか買ってなかったので今回も唯一のモノアイMSの
グフカスを選択。この機体は旧FW(GUNDAM STANDart:は「フュージョン
ワークス」の新シリーズ)でも商品化されており、小林or近藤的なプロ
ポーションアレンジは初めてではないのですが、旧シリーズの「サイズに
対して派手過ぎる汚し塗装」が緩和されていて、素立ちポーズと相まって、
イラストというより設定画の立体化といった印象になっています。アレンジの方向性が好きなら買いかと思いますよ。

ただしザクと同じく靴ポロリは健在なのでここは接着しちゃった方が
良いです。また、今回は差し替え用の頭部がなく、モノアイが消えた
状態の頭部のみというのは

| ゚Д゚| ノ イカガナモノカ

グフカスは己が出勤前に買ったんですが、残ったHi-νは会社の同僚が
仕事帰りに買いました。中身を見せてくれたんですが、顔が半分溶けた
ような状態で、アンテナも軟質樹脂成型の為ウニョ〜ンと…。ボディや
フィンファンネルはシャープに出来ているのが逆にツラい…。

「ガンダムタイプが食玩サイズで立体化されたら用心せい」
(舟木一伝斎?)


ディテールは新規設定版だけど、HCM-Proより小説の挿絵寄りのプロ
ポーションなので惜しいなぁ。今だとプライズのが一番いいチョイス
ですかね。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年05月20日

Gアタッカー(GUNDAM WAR 19th 変革の叛旗)

夜勤帰宅直後の玄関で視界を横切る黒い物体。
今年初の「G」(オーラバトラー「ゲド」っぽいアイツ)でした。

ヤツは飛翔するとやたらデカく見える上、どういうつもりか知らない
ですが、逃げるどころか予測不能の航跡を描く中で時折こちらに向て
飛んで来る蛮勇ぶりを見せ、仕事で疲れた己を存分に恐怖させやがり
ました。

曲がりなりにも(?)己もヲタなので、後に自分への精神的なダメージに
ならない武器を選択する必要があります。先日買ったばかりの惣流さんが
表紙になっている雑誌でブッ叩くなんて論外です。そこで役に立った
のがニヤけた口マークでおなじみ尼の段ボール箱。カーテンに貼り
付いた「G」をなるべく苦しませないように一撃で殺ります。南無。


夏コミはオンラインで申込みしていたのですが、申込サイトの
Circle.msからのメールによると当落の確認は6/6からだそうです。
ウチはここ2年ほど夏は落選・冬は当選という結果になっています。
たまには夏に受かりたいなぁ〜!


ドラマチックダンジョン サクラ大戦〜君あるがため〜をクリアしました。
初クリアのヒロインはすみれさん。紅蘭も同じくらい好感度が上がって
いましたが、
帝撃にあっさり復帰したけれど、クリア後また去ってしまうのか気に
なっていたので先にすみれさんENDを見る事にしました。

どうなったのかはあえて書きません。というかほとんど言及されてません。
どうなのコレ…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記