2008年01月29日

遅延 Delay (M:TG[FUT])

いつの間にか発売1ヶ月延びてますね。

NDS サクラ大戦 〜君あるがため〜
 
 サブキャラ紹介が解禁され(とは云ってもシルエットでバレバレ
 でしたが)、正式に帝劇三人娘やメル・シー、ラチェットなどの
 存在が確認されました。
 
 基本システムはサクラ大戦に元からあるアドベンチャーパート
 +トルネコ・シレンなどの「不思議のダンジョン」型のダンジョン
 パートに分かれているのですが、システム紹介やデモムービーを
 見る限りなかなかマトモ(笑)そうな出来です。

 でも、コレ愉しみにしてんの己位しかいないんじゃなかろうか…。
 
 P・S ガンダムデュナメスとリカリッタはちょっと似てる
     (ギャグ日の聖徳太子っぽく)。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月28日

水風船ゲーム Water Gun Balloon Game (M:TG[UNH])

トップぺージのイラストを差し替えました。
セーラーマーキュリー(as水野亜美)を描いたのは生まれて
初めてかも。ふたなり絵も久々な感じです。

あとはギャンバン絵がスラスラ進むようになれば、自分が
エロ描きとして持っていた数少ない武器をほぼ全て取り戻したと
云ってもいいか喃。

トップのバストアップ絵をクリックした際に表れる亜美の
台詞には己の喫煙フェチの原型となる嗜好のひとつが
含まれています。ほんの少しでも理解される方が
いらっしゃったら幸いです。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月27日

沼のチンピラ Bog Hoodlums (M:TG[LRW])

キバ第1話?プリ5最終回?スルーするけどいいよね?
答えは聞いてない(後遺症)

というワケで今日の救いは鬼太郎でした。

ゲゲゲの鬼太郎(2007) 第42話 オベベ沼の妖怪 かわうそ!

ぬこ1-27 (2).jpgぬこ1-27(1).jpg
ぬこ1-27 (3).jpgぬこ1-27 (4).jpg
でも今週の嫁、出番こんだけかYO!ていうか出オチ!?

「オべべ沼の妖怪」は原作のかわうその話なんですが、かなり改変
&肉付けされてすっかり別モノになっています。が、これは良い回
でした!第5期のかわうそはホントかわいいヤツになってます。

ぬこ1-27 (5).jpgぬこ1-27 (6).jpg
だがあえて川男を貼ってみる。シュールだ…。
今回のエネミーは「一目入道」。佐渡島版の河童といった感じの妖怪です。
…スク水の為に画像保存したんじゃないんだぜ?

次回予告が妙に洋ピンくさい件。しかも昭和の薫りが…。

ぬこ1-27 (7).jpgぬこ1-27 (8).jpg
元ネタは「魔女モンロー」のようですが、なんというロケッティア。
嫁のピンクのブラウスも良さげでした。愉しみナリ。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月26日

トリスケリオン Triskelion (M:TG[ATQ]〜)

機動戦士ガンダムOO #16 トリニティ

半分が総集編という回ですが、前半をガンダムスローネTUVの圧倒的な
性能の披露に充てて視聴者の目を引く構成は巧い方かと。
スローネ3機は全部目が離れててカワラ先生が一番ダメな時にデザイン
したガンダムみたいなんですが、機体配色とGNドライヴ[T]の赤い粒子の
演出などで、単純に立体商品の購買意欲がそそられます。

アニメの感想記事に引用する画像は主にふたばから引っ張ってくるんですが、
スレのレスは予想通りでした。お前らくぎゅくぎゅうるせぇ(笑)。

ダムOO16話 (1).jpgダムOO16話 (3).jpg
ダムOO16話 (2).jpgダムOO16話 (4).jpg
確かにネーナはいいテコ入れ要員ですけどね!ソバカスがかわいいです。
個人的にはバーロー大佐も気になるなぁ。

ダムOO16話 (6).jpgダムOO16話 (8).jpg
後方メンツとチワも健在。アル中さんは少し前からヘソ出さなく
なっちゃいましたねぇ。

ダムOO16話 (9).jpg
「監視者」のひとり…エヴァにおけるゼーレのモノリスのようなモノ
なんですが、その内のひとつがシュール過ぎる件。しかしキュリオスの
ハサミってそんなに秘匿性高い武装なのか?

OOのプラモデルの商品展開については意外と量産型の機体とそのバリエが
出てくれるのは嬉しいんですが、実際にアニメ観てるとイナクトが出て
ないのは片手落ちっぽい気がしますね。あと個人的にはもっと地味な
リアルドやヘリオン、砂ティエレン辺りをFGでもいいから出して欲しいです。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日

蒼ざめた月 Pale Moon (M:TG[NEM])

雪とかもうね…。
帰宅後車を車庫に入れるのに雪かき30分かかるほど積もってました。
でももっと降ってる地域もあるのでウチんトコなんかまだマシ
なんですけどね。

DVD「ゲゲゲの鬼太郎 第5期 6巻」を買いました。
目当ては16話「妖怪はゲームの達人?!」のゴスロリ嫁なんですが、
この巻で最も熱いのは17話「さすらいの蒼坊主」です。古川登志夫さんの
声がいなせでカッコ良いです。また、蒼兄さんの恐るべき方向オンチっぷり
も好きです。どうやったら石川県を目指して鳥取砂丘に着いてしまうのか(笑)。
またこの回はぬらりひょん登場回でもあり、こちらのCVは青野武さんで、
短いながらもベテラン声優同士の会話・ガチバトルがあったのには
感激しました。

今期のぬらりひょんが印象的なのは、今までの作品より好戦的で、
搦め手よりも直接的な攻撃を好み、仕込み杖で自ら鬼太郎や蒼坊主に
斬りかかるという、ある意味漢らしい悪役になっています。
しかしかつての日本妖怪軍団の総大将だった彼も今期は境遇はよろしく
なくて、基本的に手下は朱の盆のみ。17話の時点ではどこかの倉庫内で
ひっそりと隠れ住んでいるという凋落振り。
でも何度「先祖流し」されてもシリーズが始まるとちゃんと作品に
戻ってる辺りはやはり流石です…ってなんでぬらりひょんを熱く
語っているのか。

DVD次巻はどうしようかな。ベアード様登場とか河童相撲とか、
保存版として欲しい回だけどなぁ〜。


(追記)この日記を編集している時に知ったのですが、石川県で震度
    5弱の地震とな?地域にお住まいの方の無事を祈ります。



地元ではやってないのですが、墓場鬼太郎のアニメも観てみたいな。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月24日

目と目 Eye to Eye (M:TG[UNH])

先日の続きでYes(イヤス)!プリキュア5第24話について
書くつもりでしたが、既に本放送でご覧になった方にとっては
既知の事柄だし、未見の方には是非ともレンタルなどで実際に
観て頂きたいと思ったので、代わりに替え歌を作ってみました(何故)。

 「アタック!ギャグマンガ日和」の節で

 ナッツハウスには 魔物がすむの
 頼れるなかまは みんな目が死んでる
 プリキュアにかけた青春 でもみんな目が死んでる

ypc5-24(1).jpgypc5-24 (2).jpg 
 わたし(うらら)とあなた(りん)は 友達じゃないけど
 わたしの友達(のぞみ)と あなたは友達
 だいたいそんな感じ Yes(イヤス)!プリキュア5


夜勤明けでこれから寝るんですが、天気予報では大雪らしいです…。
起きてから雪かきせんとダメかもなぁ…。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 06:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月23日

精神攪乱 Mindstab (M:TG[TSP])

前回の続き、嫁&うららです。

ypc5-23 (5).jpgypc5-23 (6).jpg
 「りんさん!のぞみさんは?」
「…知らない」
 「え…だって同じクラスじゃないですか」
「わたしはいつものぞみと一緒なワケじゃないし ハッキリ云って面倒見切れないよ
 「…そんな云い方したら のぞみさんが可哀想です!」

「口を開けばのぞみのぞみって…アンタのぞみ以外に友達いないの? …ぁ…」

 「…りんさんには関係ないじゃないですか!!のぞみさんとうまくいってないからって
  八つ当たりしないで下さいよ!」
「…っ! わたしがいつ八つ当たりした!?」
 「してるじゃないですか!!」

…なにこののぞみを巡る女同士のマジ喧嘩。りんの「アンタのぞみ以外に
友達いないの?」発言は核心を突き過ぎてて放映当時に物議を醸して
おりました。

ypc5-23 (7).jpgypc5-23 (8).jpg
『のぞみのせいだよね?』
「えっ!?…わ…わたし?」
『いっつもそう のぞみのせいで大変なコトに巻き込まれてさ 
 こっちが必死に面倒見てるのにちっとも感謝してないし 
 あんな子友達じゃないよ』
「!…そんなコト、ない…っ!!」
『のぞみなんて居なきゃいいのに』
「…なっ…」
『そう思ったコト、ない?』
「あ…あぁぁ…」

ypc5-23 (9).jpgypc5-23 (10).jpg
『仕事が増えてきてもう大忙し でもお父さんもおじいちゃんも
 喜んでくれるしお仕事もっともっとがんばらなきゃ…
 あぁ、もうプリキュアやってるヒマはないな〜』
「私はやるって決めてるの 女優も プリキュアも」
『甘い甘い 女優になりたい子はた〜くさんいるのよ? 
 他の事をやってるヒマはないわ』
「…のぞみさんは友達なの!これからもいっしょにプリキュアを続けるわ!」
『入学したとき あなたは決意していた 【女優になるのが最優先!友達が
 出来なくてもかまわない】って…』
「…っ!」
『両方やるなんて絶対ムリ 女優かプリキュア あなた、どっちを選ぶ?』
「あ…ぅ…」
『ほぅら迷ってる …あなたは素敵に女優になれるわ フフッ!フフフ…フフ…』
「………」


各キャラを絶望に誘う声はそのまま元のキャストの声優さんが演じて
いるのですが、二重括弧内の台詞の後ろに行くにしたがってどんどん
怖くなっていくんです。特に後半2人のが超怖い&心が痛みます。
改めてプロの技って凄いなぁ。

でもそれとは関係なくキャラにヒドい事する気マンマンなんですけどね!
ネタのメモが増えていく割に、寒くて手がなかなか動かないのが問題
ですが、全く絵を描かない日というのはないので、絶望はしていませんぜ。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

精神のナイフ Mind Knives (M:TG[POR])

さて、昨日の続きでプリキュア5。予告の通り23話より(精神的に)
痛いシーンをチョイスしました。

放映当時に視聴されていた方を対象に日記を書いていますので、
経過は省略しまして、重要な台詞のみ画像に添付しておきます。
縦に伸びそうなのでふたつに分けてお送りします。
まずは年増年長組から。

ypc5-23(1).jpgypc5-23 (2).jpg
『これより会議を始めます 議題は生徒会長 水無月かれんに
 ついてです』
「!?…貴女 誰?」
『成績は学年トップ あまりに優秀過ぎて誰も彼女についていけない為
 周囲から浮いてしまう』
「!…ちょっと!!」
『その事を悩んでいるのに誰にも相談しない 本当に友達と呼べる
 人は居ない』
「ウソよ!」
『…貴女は独りぼっち』
「貴女になにが分かるの!?」
『分かりますよ? だって…』
「…はっ!」
『私は貴女自身なんですもの』
「ああっ…あ…」

ypc5-23(3b).jpgypc5-23 (4).jpg
『こまちちゃん こまちちゃん 私たちと一緒に冒険の旅に出ようよ』
「ま…待って!私 みんなの所に戻らないと…」
『…本当は戻りたクなインデショウ?』
「えっ…!?」
『頑張ッテ喧嘩ヲ止メヨウトシタノニ 優柔不断ッテ云ワレチャッテ
 カワイソウ  気ヲ遣ウノモモウ嫌ダナッテ思ッテルデショウ?』
「そ…そんな事…!」
『ココナラこまちチャンの思イ通リダヨ? 嫌ナコトナンテ忘レテ
 ワタシタチトイッショニ アソビマショウ!?』

「あ…あぁ…あ…」

後半の己の嫁とうららのは更にキッツいですよ?



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月22日

不和の化身 Avatar of Discord (M:TG[DIS])

Yes(イヤス)!プリキュア5のDVD第8巻が届きました。
やはり第23〜24話は初代8話なみに神なんだぜ。S☆Sは第21〜23話など
満薫関連が秀逸です…秀逸なんだよ!決してS☆Sは黒歴史じゃないんだよ!
舞のママンとか超エロいんだぜ?

あぁでもこれから夜勤だ。続き&痛いシーンキャプは帰宅後に〜。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月21日

月輪の鏡 Moonring Mirror (M:TG[CHK])

休みが実質日曜のうち半日くらいしかなかったのもあり、
絵描きとしての復帰行動があまり出来ませんでした。
気が付けばサイト更新に向かないSDばかり描いてて、
楽な方向に逃げている感が。いかんねコレは。

HGティエレンタオツーが発売されましたが、ソレと
絡めるネタに使えそうな「1/24 光武 さくら機(血潮版)」を
マウンテンサイクル部屋から引っ張り出してきました。
スケールがいっしょなドルバックのパワードアーマーと
並べるのも面白そうなので、これを機会に積んでおいたのを
組もうかなと。

その際キットと共にコミックを一冊自室に持ってきました。

「邪眼は月輪(がちりん)に飛ぶ」(富士鷹ジュビロ 著)

単巻でまとまる話数(でも当初の予定の全5話に収まらず、
全7話に延長されました)で青年誌(スピリッツ)に集中連載され、
その後昨年春にコミックスとして発行された作品です。
月輪を素で「がちりん」と読んでしまうジュビロファンなら既に
読んでいると思いますが、もし未読でしたらオススメ。

ストーリーは未読の方の為に一切伏せておきますが、
今作の特徴は敵役(かたきやく)が人間にとっては敵であっても、
その行動、生態自体には悪意がないこと(もっとも自身の命や伴侶
(と思い込んでいる対象)を脅かす者には最上級の殺意をもって
襲ってきますが)です。「×る」だけで自分以外の全てを殺害できる
能力を持つ呪われた者《ミネルヴァ》。

個人的には彼のキャラクターにとても惹かれてしまって、
人類側よりミネルヴァ側の視点で読んでしまいます。
デザイン自体はシンプルな彼ですが、ジュビロ先生の創作した
キャラクターの中でもかなり秀逸で、見た目のインパクトが
凄いです。正直「からくりサーカス」の自動人形(オートマータ)
より怖ぇ。

あ、そうそう。ヒロインはいますよ。とてもいい子です。
スプリンガルドと違って無理におっぱい描いてないのが
逆に良いス。ジュビロ先生は照れながらおっぱい描いてるのが
丸分かりで、そこだけは昔から許せませんね(笑)。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記