2007年12月12日

第20話(ひぐらし解) 祭囃し編 其の七 トラップ

沙都子を愚直屋さんに描いて欲しいような、
確定で再起不能なまでに肛門拡張されるのでスルーして欲しいような…。
NTR傾向があるので前者寄りかな。今度時間のある時にご本人に
話してみようか喃。
HIGURASI20 (3).jpgHIGURASI20 (4).jpg
HIGURASI20 (5).jpgHIGURASI20 (6).jpg

そして脚フェチ向け風俗ナース再び。
HIGURASI20 (8).jpgHIGURASI20 (10).jpg
HIGURASI20 (11).jpgHIGURASI20 (7).jpg
男の前で脚を組みかえる仕草をする女は総じてエロいと思う。
だが相手がメイドしか眼中にないイリーでは効果ゼロである。



いわゆるSSアンソロジーですが、執筆されているのが「分かってる」
方ばかりで読み手としても嬉しい限り。コミカライズも傑作が多い
ですが、元がサンノベなのでこちらの方が本編をやってる雰囲気に
近いかも。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月11日

第116話(ジョジョ第5部) 駐車場に行かねば!!

会社の駐車場に車を置いておいたら、誰かに右フロント擦られて
傷が付いていました。警察には連絡したけど犯人見つかるかどうか…。

車以上に己の心が凹むわ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月10日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

友人と新劇ヱヴァを今更ですが観に行きました。

エヴァ.jpg

近くに上映館がなくて観そびれた&1作目には惣流さんが出ない
(後に2作目の予告があってそこに1カット出てると聞いた)から
諦めてたんだが…観ようか…やってるなら!(赤松AA略)

感想を書くにも時期外れもいいとこなので簡潔に。
「公開当初賛否両論だったらしいですが、己はヌルいエヴァヲタ
 だったせいか、普通に面白かったです」
エヴァヲタの大半がそうだったであろうという、「旧作との違いの
確認」をする為に観に行ったのに、後半はもうただの観客と化して
しまい、ラストのヤシマ作戦の展開にはかなり燃えました。

シンジ君の性格は相変わらずダウナーではありますが、ほんのちょっと
ですが自主性がアップした感があり、ミサトさんも彼への接し方が
より強く、深くなりました。今回は旧作のように途中で放棄して
しまわず、ひょっとしたら実の親以上に信頼し合える関係を
築け、それがお互いの救いになるのではないかと淡い期待を
しています。
レイは作画のせいかミステリアスさが薄れてしまった感じですね。
その影響で「笑えばいいと思うよ」にはあまりグッと来ませんでした…。

既にネット上でループ説、パラレル説、スパイラル説など推理・考察が
なされていますが、「序」よりも更に激しく変化の予兆(エンドロール
で席を立つタイプじゃなくて良かったです。予告編見逃さずに済み
ました)が見られる「破」が愉しみです。



惣流さん、みやむーじゃないという話でしたが、雑誌のインタビュー
記事によると変更なしっぽいです。個人的にはやはりみやむーの
声でやって欲しいですよ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月09日

第29話(ジョジョ第1部) 黒騎士の呪縛

今回の鬼太郎は嫁分少ないわ作画崩壊してるわでもうね…orz
でも次回は期待出来るぜ?

「意外!それは髪の毛ッ!」死髪舞剣(ダンス・マカブヘアー)!?

第4期のアダルト化した回の嫁を思わせるロンゲver.です。
ロンゲぬこ.jpg
…玖我なつき(属性:ヘタレ)?

プリ5はどりさんの嫁メインでしたな。
こまちメイン話と云えば「作画が微妙」が通説だったのですが、今回は泣きの作画に
やたらと気合いが入っていて良かったです。
プリ512-9(1).jpgプリ512-9(2).jpg
プリ512-9 (3).jpgプリ512-9 (4).jpg

あと、何故かキュアドリームのエロカット
プリ512-9(6).jpg
「ココ…私、穢されちゃったよう…」んな事云ってねぇ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月08日

#10(OO) ガンダム鹵獲作戦

両陣営の作戦行動の杜撰さやそれ☆すたサイドの防戦時の脆さに
ついては他の方が書いてくれそうなので省略。己はネタっぽく
行きます。とりあえず冒頭の空気読めてないルイスさんでも
貼っておくとしますか。
ダムOO10話(1).jpg

三段活用するティエリアさん。
「これしきの事で!それでも!だとしても!」
「俺は…僕は…私はッ…!(…女性説復活?「ナドレ」はアメリカ
先住民のナバホ族の女装者で性の中間者であったそうです)」
ダムOO10話 (6).jpgダムOO10話 (8).jpg

「絶望した!簡単にとっ捕まったアレルヤに絶望して粛清しようと
 したら自分もいいようにあしらわれて緊縛→ぶっかけプレイされた
 挙句にクロスアウツ(脱衣)しちゃった絶望先生に絶望した!」

V字アンテナの下にまた別のV字アンテナがあるのはちょっとなぁ。
しかも拘束を解く事がメインで他には今のところ持ち味は出して
いませんでした。

後半はアレルヤ→ハレルヤの人格入れ替わりイベントで急に中二病
or邪気眼持ち
みたいな云い回しになるイケメンマッスル。
ソーマに逃げられてご立腹のハレルヤに、腹いせにじわじわ嬲り
殺しにされるミン中尉が悲惨です。コクピットを貫通して眼前に
GNソードがニョキニョキ伸びてくるのを延々と見せつけられるのは
恐怖以外の何ものでもありません。

ガンダムマイスターにマトモなヤツはいない(唯一未だにマトモ
そうな録音さんはロリコン)のかとスポンサーもご立腹です。
「これじゃ関連商品が売れん!」
ダムOO10話 (9).jpgダムOO10話 (10).jpg
…でも言葉には気をつけないと集団レイプされそうで心配ですよリュミ-ンさん。

ナドレ(イケてないヴァルシオーネ?)は髪さえなければ割に好きに
なれる…かも。でも目とマスクの間隔が開き過ぎなのは気になりますね。
ダムOO10話 (11).jpg



私信:確かに番組は行き詰っている感があるけど、攻防戦は息詰まる
    が正しいんだぜ。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月07日

第54話(SBR) ウェカピポが来る!

「己は康一の一人称が『ぼく』でなく『ボク』という記述になってる
方が気になる」(どこかの、誰かに)

遅くなりましたがスティール・ボール・ラン14巻を購入しました。
前巻は女たちの戦いとか圧迫祭りが中心でしたが、今巻はジャイロ
&ジョニィの主人公コンビが出ずっぱりで、いつもより1話多く
4話収録、6thステージゴールまでが描かれています。

大統領の刺客の二人組、「ウェカピポ」と「マジェント・マジェント」、
どちらもいいキャラクターデザインです。己は特にマジェントがお気に入り。
彼のスタンドデザインもいい感じです。能力もシンプルながら強力です。
防御特化型だけど。

それにしても「ジャイロの淹れるイタリアン・コーヒー」は絶品だそうで。
これをダブルで飲むととてもエロい絵が描けるという気持ちに…ムリかorz



VOODOO KINGDOMは劇場アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ファントム
ブラッド」の主題歌です。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月06日

第19話(ひぐらし解) 祭囃し編 其の六 幕開け

※「ひぐらしのなく頃に」のネタバレがあります。
 これから体験される方は読まない方がよろしいかと。


とうとう「祭囃し編」最高ののキーキャラクター「羽入」が実体化し
雛見沢の分校へ転入という形でやってきました。
higukai19(1).jpghigukai19 (2).jpg
そして速攻レナに「お持ち帰りぃ〜♪」されかけます。
なんと放映開始5分間で3度も(笑)。

その後危険なので拘束されるレナ。それも亀甲縛りで。
higukai19(3).jpghigukai19 (4).jpg
higukai19 (5).jpghigukai19 (6).jpg
…そうだった。かぁいいモードのレナは無敵だったな…。

他に魅音のこの表情が良過ぎたので掲載〜。
higukai19 (8).jpghigukai19 (7).jpg

後半は黒幕・鷹野の事を覚えていない「この世界の梨花」へ自分の
覚えている限りの記憶全てを伝える羽入。強大な敵と過酷な運命に
打ち勝つ為に、仲間達に「今描いているマンガの設定や展開を皆で
考えて欲しい」と、「現実に起こっている事・これから起こる事」
をマンガになぞらえて打開策を一緒に考えくれるよう頼む梨花。
そしてそれに応えて持ち前の頭の回転の早さで黒幕の行う虐殺
計画の動機を言い当てる魅音。話を親身になって聞き、一緒に
考えてくれている沙都子、圭一、レナ。…今回詩音がいないですね。
興宮に戻ってるのかな?

更に梨花、羽入はまだ知りませんがもう一人、とても頼もしい
レアキャラ(梨花談)、赤坂も既に行動を始めており、最後の最後、
もうやり直しのきかない世界で軌跡を起こす為の役者は揃いました。
視聴者たる己達は見守るしかないのですが、ならば彼女達の頑張りを
最後まで見届けようじゃないかと思います。無論鷹野の頑張りだって
見届けますよ。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月05日

第37話(SBR) 緑色の小さな墓標

HCM-Proで陸戦GMのリリースが予定されていますが、シリーズ50品目の限定
アイテムとして、GMスナイパー(カスタムじゃないヤツ)も出るそうな。

HCM-Pro GMスナイパー
 
HCM-Proの限定版商法はここんとこコケてばかりですが、コレも微妙だなぁ…。
色替え+αで出せるので立体化の機会に恵まれているけど、ユーザーが
いちばん求めているGMスナイパーは「GMスナイパーカスタムU」だと
思いますがどうでしょうか。

…まぁ買うとは思いますけどね、緑色の08小隊最強機体(笑)。


今朝、夜勤明けに会社で財布を落としたのですが、すぐに事務所へ
届けて下さった方のお陰で無事戻りました。感謝感謝です。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月04日

第弐拾壱話(サクラ大戦TV) もうひとつの戦い

ドラマチックダンジョン サクラ大戦 〜君あるがため〜

発売が徐々に近づき、ソフト単独の公式HPのコンテンツも少しずつ
充実してきました。DS-Lite本体は友人の厚意で頂いて所有しているので
発売日には即時遊びたいですね。

どうやら「不思議のダンジョン」系のゲームらしいのですが、
携帯ゲームを「携帯せず主に家でやる」己でも出先でチョコチョコと
進めるには良さそうです。ワイヤレス通信対戦機能もあるそうですが、
すみれ様だけは譲れないんだぜ。でも紅蘭とさくら、ロベリア、
花火も…ダメだ絞り切れないorz

今のところシルエットになっていますが、かえでやラチェット、帝劇
三人娘やメル、シー、プラムや杏里もちゃんと出るようです。

あとはコレットさんとサキが居れば云う事ないんですがそれは
無理っぽいなぁ。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月03日

読切 岸辺露伴は動かない -六壁坂-

ジャンプスクエア1月号(創刊第2号)を読みました。
創刊号は出てからだいぶ後にコンビニに残ってたのを買ったんですが、
存外にスモーキングフェチにお誂(あつら)え向きな作品が多かった
(笑)ので続けて読む事に。

しかし今号一番のお目当ては「岸辺露伴は動かない -六壁坂-」です。
前作(〜エピソード16・・懺悔室〜)から実に10年振りになります。
ストーリーについてはここでは書きませんが、現在の画風で描かれた
ジョジョ第4部キャラがカッコいいです。先日発売された「The Book
の挿絵は静的なクールなイメージでしたが、今回は本来のスタイル
であるマンガですので、キャラクターの仕草や表情が動的で愉しいです。
意外なキャラがチョイ役で出てきたり、露伴が編集者と打ち合わせを
している場所が「カフェ・ドゥ・マゴ」っぽかったり、冒頭は第4部の
コミカルな部分が特に好きだった己を愉しませてくれます。

しかし今回も露伴先生は気持ち悪いエピソードを披露して下さいます(笑)。
そして「岸辺露伴は動かない」ので、その体験してしまった出来事を
解決する事もありません。まぁそこが露伴らしくていいのですがね!

ジャンプSQ.創刊号はよく売れたそうですがこれからが
正念場だと思います。だからまたアラーキー先生に読切描かせ(ry



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記