2007年11月29日

第四回(鉄人28号2004年版) もうひとつの鉄人計画

先日買ったHG鉄人(ティエレン)・地上型を組んでます。
基本設計はガンプラフォーマットに基づいていますが、
胴体のパーツ分割がややトリッキーです。

アニメ本編や設定画だとわざとギクシャクした感じ
しているようなのですが、キットはいわゆる「カトキ立ち」
決まるようになっているので少し違和感を覚えます。
ただ最近はスタンドで宙に浮かせるのがカッコいいデザイン
(空中や宇宙空間でのシーンがイメージに浮かぶ)の機体が多い中、
地に足の着いた、まさに「鉄人」といった感じのドッシリした
感触は嬉しいものです。

また、夜勤明けにコンビニで「ねんどろいど ぷち 涼宮ハルヒの
憂鬱 #01」を買いました。「残り1個か…。キョンの気配がするぜ…」
でもこれでホントにキョンだったらここに書かなかったと思います。
ボッツ君っていつもそう。

結果引いたのは「涼宮ハルヒ(超監督)」でした。
個人的には鶴屋さんが良かったんですが、キョンじゃなくて
マジで良かったです。コレ5キャラ×2ver.+シクレで
キョン率2/11とけっこう引いちまう可能性あるんですよねぇ。



「ねんどろいど ぷち」や「ねんどろいど 鶴屋さん」が現在売り切れの
為、ねんどろいどの新作「初音ミク」をご紹介します。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月28日

第18話(ひぐらし解) 祭囃し編 其の伍 最後の駒

※「ひぐらしのなく頃に」のネタバレがあります。
 これから体験される方は読まない方がよろしいかと。


長かった祭囃し編のプロローグは終わり、次回より「ほんの
ささやかな幸せの為に全てのコインを賭ける、100年生きた魔女と、
その大切な仲間達の最後の戦い」が本格的に描かれます。
今回は強大な敵「鷹野三四」に対抗する為の駒をゲーム盤に配置する、
セットアップフェイズとでも呼ぶべき話で、レナの帰郷、悟史の
L5発症、園崎お魎による村の改革構想(これはルールZ(雛見沢の
「オヤシロ様の祟り」を容認する土壌)を破る要因たり得ますね)
→その影響で圭一が雛見沢へやってくるという流れです。

圭一の父、前原伊知郎(ロリコン)に雛見沢村への引越しを決定付け
させたツーショット。
RikaandHanyuu.jpg1189322442672.jpg

…梨花ちゃん策士です。これはロリコンの伊知郎ではガード不可
でしょう(笑)。

あ、そうそう前回、今回とも原作では顔が分からないママキャラが。
左が梨花の、右がレナのママンです(沙都子のママンも出ていました
が、ちょっとアレなシーンでの登場なので割愛します)。
RikaMom.jpgRenaMom.jpg

さて、この時点で集まった駒だけでは「皆殺し編」までと同じです。
このままでは鷹野の「漆黒にして強大な意思の力」には勝てません。
そこで「最後の駒」が必要になります。それは…。



…後に「駒」という解釈は改められるのですが、その理由も最終回
までに語られる事でしょう。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月27日

第17局(咲-Saki-) 素人

主人公の空気っぷりは、見所じゃないお(挨拶)」

咲-Saki-」3巻を読みました。
表紙はちょっとビックリ、天江衣(あまえ ころも)です。

…う〜ん、中堅戦終了の時点でこの順位、点差は予想外。
いやそれより!次鋒戦が…orz
己のお気に入り2人(染谷まこ・沢村智紀)の対局が…orz
(この対局は個人的には「ノーマーク爆牌党」の終盤の達人戦
 決勝戦の爆岡と大介を思い出させます。まこ&妹尾佳織が。
 智紀は…稲瀬さん?(彼は予選落ちしてます))

今やってるの県予選決勝だから…清澄(主人公チームの学校)が
勝ち上がったらもう龍門渕高校のメンツ出てこないんじゃ…。

うん、己は龍門渕高校贔屓です。

闘牌について書くとネタバレになってしまうので、
別の話になりますが、3巻では全巻ではちょっとイヤな印象が
あった今宮女子高校(予選で清澄に敗退)の二人が再登場して
います。しかも清澄(というより主人公のチームメイトであり
ライバルであり巨乳の原村和(はらむら のどか)個人)にある
妨害行為を行います。
ですが、すぐに自分たちのした事を後悔し、謝罪をしています。
おかげで今巻はみんないい人に見えます(笑)。龍門渕透華
(りゅうもんぶち とうか)もただのワガママお嬢キャラでは
なかったし。

3巻で少し気になったのが絵柄の変化です。この作品で数少ない
「大人の女」藤田靖子プロの顔が妙に子供っぽくなってしまって
います。あまり周りの萌え少女キャラと同化して欲しくないの
ですが…。

そういや宮永咲(主人公・みやなが さき)この巻ずっと寝っぱなしだよ!



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月26日

第79話(ジョジョ第4部) 露わになった中身!

「The Book -jojo's bizarre adventure 4th another day」読了。
本文約370頁ほどありますがスンナリ読めました。
感想を書くにはまだ早い気がしますので、一言だけ。

「第3部、第5部のノベライスよりキャラクターのセリフの云い回しや
 全体のディテール描写はコミックに準じていないが、未知の話を
 読むワクワク感は非常にジョジョっぽい!」

乙一先生はジョジョのノベライズに於いても自分のスタイルを
崩さず、その上で相当読みやすさに配慮したようです。
一気読みのせいで見落とした伏線があるかも知れないので、
時間があるときもう一回、今度はじっくり読もうっと。

久々にまとめて活字を読んだら、更になにか読みたくなり
書店に行きました。今度はちょっと軽いのを読もうと思い
ラノベコーナーに。うん…コレにしようかな。タイトルに
惹かれてレジに持って行ったのは「狼と香辛料」でした。

とりあえず1巻を読みましたが、ヒロイン(?)のホロが己的に
ストライクです。よくあるバトルファンタジーとは全く違う
時間の流れ方がジョジョで熱くなった脳に心地よいです。
既にX巻まで出ており、Y巻も来月には出てしまいますが、
今のテンションではすぐに追いつきそうです(笑)。

コミックは咲-Saki-3巻がまだ入荷していなかったのが残念。
HELLSING9巻と賭博覇王伝 零1巻を購入しました。
咲は今日辺りには入るかな?



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月25日

第56話(ジョジョ第4部) スーパーテクニック!

尼損(アフィってるのにこの当て字…)からやっと(と云っても発売予定日
前日ですが)!
The Book -jojo's bizarre adventure 4th another day
が届きました。昨日の時点でフラゲ報告が複数あって、
それがもう羨ましくてしょうがありませんでしたわい。

早速序章〜第2章を読みましたが、いやはや…ここから来るかよ!と。
己も第1部第1話からリアルタイムで読んでいる古くからのジョジョ
ヲタですが、それでもやられた!と思わざるを得ない処から
切り込まれた気分です。乙一先生どんだけ第4部読み込んでんだよ…。

貧乏な己が小説を読むのは、主に文庫や新書サイズで、今回の
「The Book」のようなハードカバーは正直読みにくいんですが、
それも口絵の仕掛けを見ちゃったらもう文句ないデス
(現在のアラーキー・イロイコ先生の絵柄で第4部キャラが描かれると
こうなるのかッ!)。中身は個人的に「GOTH」より読みやすくて
スイスイ頭に浸透して来ます。脳内映像化も容易に出来てます(笑)。

ただしッ!原作の第4部の全エピソードがインプット済みじゃないと
存分には愉しめない!と断言させていただこうッ!
(花京院典明?)

とまぁ、かなり冷静さを欠いた駄文ですがそれでもコイツには
太鼓判を押します。ジョジョヲタの自覚症状のある方は必読ですぞ。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月24日

#8(OO) 無差別報復

ストーリーについてはちょっと…云う事がないというか…。
我慢弱いハムさんの株がちょっと上がりましたが、
結果的には飛んでるだけでしたね。

こうなったらもうおっぱいとか尻とか貼るしかないな!

ダムOO8話 (7).jpgダムOO8話 (8).jpg
ダムOO8話 (9).jpgダムOO8話 (10).jpg

貧乏姫まで谷間を見せる暴挙に出ています。

また、公式サイトが更新され、特にサブキャラの紹介が増えています。

機動戦士ガンダムOO公式サイト

ダムOO8話 (3).jpgダムOO8話(1).jpg

サドメガネことシーリンは27歳ですか…。何気に気に入ってる
絹江姉さんや、ルイスもやっと追加されました。

最後にMixiに貼れなかったコラを貼っておきますね。

ダムOO8話 (コラ1).jpgダムOO8話 (コラ2).jpg




今日は精神的に救われた出来事がありました。
詳細は書きませんが、友人に感謝。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年11月23日

第54話(ポケモンD&P) ナタネとサボネア!さよならは誰のため!

こちらでは遅れて放映されているポケモンD&P(しかも金曜16:30から
だぜ)ですが、今日はナタネさんが出ておりました。

コジロウとサボネアのお別れ話なのですが、ナタネさんがあまりにも
性的
でそっちに目が行ってしまう件。

今日も仕事なので帰宅後追記する予定です。

(追記)
すっかり遅くなってしまいましたが追記です。
ナタネさんをその辺に置いてあったコピー用紙に描いたのですが…。

Natane.jpg
(このブログの画像はほとんどがサムネイル表示になっています。
 クリックすると拡大画像に切り替わります)

髪のバランスが難しくて一旦ほっぽり出してしまいました…。
ちょっとタイマソウのエキスがキマッてヨダレとか垂らしてますが、
だいぶ前のマークパンサー氏のアレと同じです。危なくないよ?

whyMLM.jpg



マークパンサー氏の著書でも紹介しようかと思いましたが、流石に
それはシャレが効き過ぎだと思いまして…。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月22日

第17話(ひぐらし解) 祭囃し編 其の四 謀略

※「ひぐらしのなく頃に」のネタバレがあります。
 これから体験される方は読まない方がよろしいかと。


今回は鷹野の栄光と挫折を描いていますが、まず白ナースと
黒ストッキングのコンボは胡散臭くて風俗嬢みたいだから
自重しろと云いかけたんですが…。

rtF`p1.jpgrtF`p2.jpg
rtF`p3.jpgrtF`p4.jpg

どんだけ脚フェチを刺激しますか三佐は。

11-22.jpg

更にスクロールするカットをくっつけてみた。
他に今回梨花ママンと沙都子ママンも出ているのですが、
注目すべきはこのキャラでしょう。

NOMURA (1).jpgNOMURA (2).jpg
NOMURA (3).jpgNOMURA (4).jpg

失意のたかのん(喪服)に接触する女、野村(郭公)。
ちょっと己の持ってたイメージと違うけどエロいなぁ。
ちなみに中の人は田中理恵さんでした…声色はトゥモエ(舞乙)っぽい?



…ふむ、3巻のジャケ絵はスジか(沙都子をスジ云うな)。

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月21日

第3話(Fate/stay night) 開幕

開発していたハズのアレ(カプコンファイティングオールスターズ)や
コレ(ウォーオブザグレイル)の屍を乗り越えてカプンコが出す新作は
コイツでした…。

Fate/unlimited codes フェイト/アンリミテッドコード
 ※今のところティザーサイトオープンのみ

2D描きが良かったんですが、見た目3Dでシステムは2Dみたいです。
スクショはセイバー、ア−チャー、ランサー、バーサーカーが登場していますが、
キャラ紹介を見るとサーヴァントとは別にマスターも単体キャラとして参戦する
らしく、士郎や凛が既に登場してますね。
 
発売は来年らしいので、それまでタイガーころしあむでも
やりましょか。…PSP持ってないんですけどorz



…ところで黒桜は使えるんだろうねカプンコ君?

posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月20日

第122話(ストーンオーシャン) ほしいなぁ〜〜

メイドにはまず萌えを感じない己ゆえに、メイドライダー
(Fate/hollow ataraxia)のフィギュアもここで紹介しない
ワケですが(笑)、こちらはスルー出来ず予約しました…!

向坂 環〜メイドVer.〜

 こういう仕事をサボってる「駄メイド」or「めどい」(意味が分からない方は
 ググッてみて下さいね)にはどうにも弱いんだ…。

 元ネタは既存キャラのタマ姉だし、てっきり東鳩2かと
 思ったんですが、新作のAnotherDays版らしいです。
 しかしまだ発売前のエロゲなのにフィギュアの展開は早く
 前人気は上々みたいですが、肝心のゲームの発売日が延び
 しまったようで…。

ToHeart2 AnotherDays(今冬発売予定)

 上記のフィギュアは来年2月発売予定だそうですが、その頃
 までにはゲームも出てると良いですね。



posted by BOTS( ´_ゝ`) at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記